ちょっと最初にお願いが~
いつもは最後の部分にあるはちねこ!さんのお願いですが、
 緊急事態なので、トップに持ってきました。


毎日ニャンコの保護に東奔西走しているはちねこ!さん…
ちょっと大変な保護現場に遭遇されています。
 ご協力いただける方がいらっしゃったら、お願いします

 また、ご飯のご協力もいただけるとうれしいです。


詳細は、こちらのブログでご覧ください。→ はちねこ!てんてんさん「おれ!みけお!」


今日は処暑だったのよね…暑さもここまで~って日ですよね。
だけど、関東地方ったら、ここに来て猛暑日が続くらしいよ
 最近のお天気は、いったいどうなっちゃってるんだろうね~


あのお方も久々の暑さにいささかバテ気味…

今日の写真は、ガラケーでヒョイヒョイと撮ったもんで…申し訳ない写真ばっか…


SBSH3278.jpg

「夏が来たのかな…暑いね~


ハータン、朝ご飯たべないの・・・




SBSH3277.jpg

「うん…なんだか食欲ないんだ…



たしかにね~急に暑くなっちゃったから、夏バテかな


それじゃ、またアレ出してみようか




SBSH3275.jpg

「う~ん…アレなら食べられるかな…」


 …デジャブのような…


SBSH3263.jpg

(心の声)「あ、コレコレ…やったぜ~





SBSH3264.jpg

「ちょっと食べてみようかな…」


ね、デジャブだわよ~毎度この顔に騙されて焼きかつおをせしめられちゃうのよね~

 ハータンは態度はデカいけど、体は3.5キロしかない小さな子です。
クリームや、イクラちゃん、サーモン、餃子の油が好きだけど、
 それほど食べることに頓着のない子なので、
食欲が落ちると食事の誘い水がないのです。
 

 だから、食欲が落ちるのはとっても不安です。
何はともあれ、好きなものがあるのは助かります。
 食べてくれればホッと一安心ですもんね~


 もちろん焼きかつおを開けたら…


SBSH3268.jpg

ガッツガッツガッツ~

SBSH3267.jpg
 
 ガフガフガフ~


で、あっという間に、完食~して・・・


SBSH3269.jpg

「じゃ、ちょっと早いけど…お昼寝しま~す



 昨日も書いたけど、雨降りが続き、もうお掃除もお洗濯も中途半端だったもんでね、
昨日今日とそりゃもう「よく働く家政婦」並みに頑張って家事に励みましたよ。
 お外に洗濯物の干せる幸せ~窓を開けて掃除できる解放感~

 でも、汗びっしょりで水分不足…思わず梅ジュースの一気飲み~

 明日も暑いらしい…今のうちに大掃除だわ~





今日もこの一枚…

2015071800585866e_2015072422402039b.jpg

  
 敗戦記念日だとか、北朝鮮とアメリカが緊迫してるとか…
それはそれで重要なことなんだけどさ、
 森友学園は籠池夫妻をつるしあげてごまかそうとしてるみたいだけど…
いいの、それで?私は財務省だの昭恵ちゃんだのお話し聞きたい人がたくさんいるんだけどな~

 加計学園、安倍君言ってたよね…「丁寧にご説明…」って。
大事なお友達がなんであんな優遇されているのかを説明してくれるんじゃなかった?
 全然、なんの説明も聞いた記憶がないんですけどね。どなたか、聞いた方、いらっしゃいますか?

 
 籠池夫妻を「トカゲのシッポ切り」として、すべての責任を負わせ、
学校認可を延期することで「国民が忘れる」ための時間稼ぎで乗りきろうと思ってるわね!
 それもこれも、「わからない」「不透明」なことが多すぎて、私にはわけがわからないのよ。

 それから、オシャレ番長だった稲田君、ちょっとどこに行っちゃってるの?
元大臣としての責任を果たさずして、大臣手当だけはもらっちゃってる?
 1か月分の歳費を返納したくらいで、大義が通るとでも思ってるのかしらね…?


 日本の政治、相当いい加減な状態になってますよ。
アメリカのあのおじさんも、かなり危険でおかしなご仁だけど、
 日本のあのおじさんも、なかなかどうして、危険でおかしなご仁だと思います。


 国民として気を抜いたらいけません。
正義とは何か?悪は見逃してはいけません。
 トランプさんも、そのいい加減さが仇になって地位も危うくなってきていますよ~

 よく似たオジサン二人、とにかく注視しておかないとなにをするかわかりませんよ。


 

「殺処分0を目指す全国保健所一覧」…是非ご覧ください。




めんまねえちゃんさんの別ブログで、怪我した猫さんの里親募集をしておられます。
交通事故で愛護センターに持ち込まれ、あと一日で「処分」というところを救われた子です。
おとなネコさんだけど、とっても可愛い子です。ポッポちゃんと言うお名前でね、今手術が終わってちょっとずつ動けるようになってきたようです。せっかく救われた命…なんとか幸せの赤い糸をつなげてあげたいです。一度お顔を見てあげてください。お仲間にもお声かけいただければ幸いです。

 ポッポちゃんの最新情報~手術後、元気になって、走り回ってるとか~
おうち探し、ちょっと時間がかかっていますが、頑張ろうね~ポッポちゃん

 

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 




スポンサーサイト
 ちょっと最初にお願いが~
いつもは最後の部分にあるはちねこ!さんのお願いですが、
 緊急事態なので、トップに持ってきました。


毎日ニャンコの保護に東奔西走しているはちねこ!さん…
ちょっと大変な保護現場に遭遇されています。
 ご協力いただける方がいらっしゃったら、お願いします

 また、ご飯のご協力もいただけるとうれしいです。


詳細は、こちらのブログでご覧ください。→ はちねこ!てんてんさん「おれ!みけお!」


ムツミママと末っ子ミサキちゃんの新しいお名前がわかりました。

保護ママネコ

 ムツミママは…「るーちゃん」

1ミサキちゃん
 ミサキちゃんは…「リリィちゃん」になりました。可愛いお名前つけてもらって、よかったね~



さて…昨日のハータンのおっかないお顔…

SBSH3260_201708212346259fb.jpg

ハータンが自分から寄ってきたわけだし、私は怒られるようなことしてないもん…



実はね、この日の夕方、猛烈なゲリラ豪雨で、雨音が家ごと流されるってくらいでね、

その上、カミナリゴロゴロ~も地響きがするほどに轟き始めちゃったの。

それが怖くて、ハータンはソロソロ…と私の隣にやってきたらしいんだ~

そう、ハータンのビビった正体はカミナリゴロゴロ~だったのよ。

最近、局地的な豪雨にカミナリが多いから、ハータンはドキドキしてるみたいです。


SBSH3261.jpg

 この緊張感漂うハータンの横顔~


SBSH3273.jpg

「まだお外は光ってるし…」



いつもはお気楽おノンキな後頭部も、ピリピリしちゃってる感じ…



 ハータン、以前はそれほどカミナリも怖がらなかったのですが、
この夏のカミナリは半端ないのが何度かあってね~
 ある時、ドッカ~ンとと来たカミナリに驚いてピョンと飛び上がり、腰抜かしちゃったの…

 それからというもの、雷鳴が聞こえるとコソコソと私に身を寄せるようになっちゃったのよね。



SBSH3262.jpg

「聞こえない聞こえない…な~んにも聞こえない ハータン全然平気だし…



いつもは「ナマイキ~」なハータンだけど、意外とビビりなの。


でも、カミナリがいなくなったら、さっさとお気に入りの場所に戻りやがった~


ハータン、またカミナリゴロゴロ~が来るかもよ~


SBSH3272.jpg

「ん…なによ~うっさいな~



ハータンのキライなゴロゴロが来るぞ~

コワいコワいだぞ~こっちにおいでよ~


SBSH3270.jpg

「ゴロゴロ… なんのお話かしら~
                  え…さっきはちょっと一緒にテレビでも見ようと思っただけだもん




毎度のことだけど、この素直じゃないところ、だれに似たんだかね~


今日は久しぶりにお日さまが頑張ってくれてたもんだから、休日返上で
朝からたまった洗濯物と格闘して、大掃除して、大汗かいて、ヘトヘトだわ~
 でも、久しぶりに自分の影法師を見たよ~ホント、久しぶりにね~




今日もこの一枚…

2015071800585866e_2015072422402039b.jpg

  
 私の住むところ、そして職場はいずれもすぐ近くに自衛隊基地や米軍基地があります。
最近、やけに飛行機が飛び交っていてね、ものすごい騒音です。
 雷が嫌いなハータンは、この飛行機の轟音も不安になるようです。

 自衛隊とは、自衛のための部隊のはず。

 だけど、9条の解釈改憲と昨今の安倍君がゴリ押しする悪しき法律の成立で、
自衛隊の役割が大きく変えられてきました。
入隊した時とは、任務も大きく変わってしまっているはずです。

 自衛官の方々は、それをどう考えているのだろうな…と思うことがあります。

 1990年の湾岸戦争後「人を出して血を流すこと」が国際貢献だと言うアメリカに従い、
また、国連理事国の座を得るために、1992年にはPKO法案がだされます。
 自衛隊の海外派遣が議論されたけれど、結局強行採決でPKO法は成立。

 この時、政府にとって自衛隊は明確に「軍隊」として位置づけられたのだと思います。

 軍隊による国際貢献をすれば、国連理事国の座を手にして世界の大国になれる?
強くなれば世界の大国となれる…その発想があの戦争を呼び込んだのですよ。
 なのに、どうしてそれをまた繰り返そうとするのでしょうね。

 あの時代、すべての人が辛酸をなめたわけではなく、利権を独占した人たちがいました。

 その残党が、「栄光よ再び」とでも思っているのではないかしらね…
「戦争特需」なんてことばが歴史を勉強してた時に出てきたもんね。
 戦争を利用しようとする輩が、今も天皇を神とし国民を臣民とするような社会を目論んでいるのかも。


 敗戦当時の9条と、現状の9条は同じ条文ですが、
自衛隊の存在、その海外派遣など、その実態は大きく異なっています。
 政府によって行われ続けた「解釈改憲」によって、9条は大きく変えられているのに、
私たちはその変化に気付くことができなくされているのではないかしら?

 自衛官は戦争に備える道具にされてはいないのかな…

 戦争はあらゆるものを破壊し合い、命を奪い合う愚かなことです。
戦争に備えようとすることより、戦争を避ける方法こそ真剣に考えるべきだと思います。
 なのに、今の政府は危機感を煽り、戦争に備えることだけに必死です。

 今日も爆音とともに自衛隊機が飛び交っています。

 みなさんはあの戦争で命を落とされた方たちは、
   戦争に備える事、戦争を避ける事…願っていると思われますか?



 
 
 


 

「殺処分0を目指す全国保健所一覧」…是非ご覧ください。




めんまねえちゃんさんの別ブログで、怪我した猫さんの里親募集をしておられます。
交通事故で愛護センターに持ち込まれ、あと一日で「処分」というところを救われた子です。
おとなネコさんだけど、とっても可愛い子です。ポッポちゃんと言うお名前でね、今手術が終わってちょっとずつ動けるようになってきたようです。せっかく救われた命…なんとか幸せの赤い糸をつなげてあげたいです。一度お顔を見てあげてください。お仲間にもお声かけいただければ幸いです。

 ポッポちゃんの最新情報~手術後、元気になって、走り回ってるとか~
おうち探し、ちょっと時間がかかっていますが、頑張ろうね~ポッポちゃん

 

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 




 ちょっと最初にお願いが~
いつもは最後の部分にあるはちねこ!さんのお願いですが、
 緊急事態なので、トップに持ってきました。


毎日ニャンコの保護に東奔西走しているはちねこ!さん…
ちょっと大変な保護現場に遭遇されています。
 ご協力いただける方がいらっしゃったら、お願いします

 また、ご飯のご協力もいただけるとうれしいです。


詳細は、こちらのブログでご覧ください。→ はちねこ!てんてんさん「おれ!みけお!」


 みなさんが応援してくださったおかげで、幸せゲットできた親子たち。
ずっとのお家で、穏やかに暮らしていくことでしょう。
 でも、私はただ家に来る子たちを保護したいと思って見境なく抱え込んだだけ。

 お家が見つかったのも、「はちねこ!」さんのおかげなのですよ。
そして、
地元に近い保護猫団体様にも、たくさんアドバイス、ご協力いただきました。
 私ひとりだったら、な~んにもできなかっただろうと思います。

ありがとうございました。

 ニャンコたちの幸せを確立していくためには、個人では限界があります。
地元の保護猫団体さんとの協力、コンタクトって大事だな…と痛感しています。
 ニャンコたちの幸せ、ニンゲンとの共存、命と向き合うためにやるべきことはたくさんあるのでしょうね。


 ところで…

 
 いつもはこんな毎日のハータン…


SBSH3271.jpg


イイよね、ネコはさ~寝るのが仕事…なんて言われちゃってさ~

爆睡中のハータン、呼んだって返事もしなきゃ、カメラにも気付かずにグースカピーだもの~

自称「自立したオンナ」を標榜するハータンですが、


昨日の夜のこと…呼びもしないのに、ソロソロと私の隣にピトッと寄り添うように来てるじゃないですか~。


かといって、甘えん坊がしたい時の表情じゃないよね…




どうしたのよ、ハータン…

珍しいじゃなの~ナマイキ言ってても、ホントはやっぱり一緒に居たいんでしょ~



SBSH3261.jpg

「…ちがうもん…


じゃ、ご飯かな ご飯食べる




SBSH3260_201708212346259fb.jpg

「…いらない…」



困ったわね~今日はいつにも増して怖いお顔になっちゃって…

どうしちゃったのよ、ハータン…



ね、すごいお顔になっちゃってるでしょ~

ハータンがなんでこんなお顔になったったか…このあと私はその理由がわかったんだけど…


ハータンがこんなお顔になっちゃってる理由、わかりますか?






今日もこの一枚…

2015071800585866e_2015072422402039b.jpg

  
 8月19日付東京新聞より…
「軍縮会議 高校生大使の演説見送り 核禁止条約への言及恐れ?」


 
 【ジュネーブ=共同】二〇一四年以来、毎年八月にジュネーブ軍縮会議で核兵器廃絶を世界に訴えてきた日本の高校生平和大使の演説が、今年は見送られたことが十八日、分かった。関係者が明らかにした。


 二十二人の平和大使たちは核兵器禁止条約への共感を示しており、関係者は「日本政府が署名しないと明言する条約について演説で言及されることを懸念したのではないか」と指摘した。


 ジュネーブ軍縮会議日本政府代表部は「今年は軍縮会議の議事上、適当でないと判断した」と説明した。


 高校生平和大使は今月二十一~二十二日にジュネーブの国連欧州本部などを訪れ、二十二日に軍縮会議を傍聴する予定だが、過去三年連続であった演説は予定されていない。


 関係者によると、大使を派遣する市民団体「高校生平和大使派遣委員会」が今年も軍縮会議での演説を打診したところ、外務省の担当部局である軍備管理軍縮課から「今回は難しい」と回答があった。明確な理由の説明はなかったという。



以上が「東京新聞」の記事ですが…

 
 日本政府は「核兵器禁止条約」への署名を拒否しています。
一方、今回派遣されている22人の高校生の平和大使たちは、核兵器禁止条約に賛同しています。
 そんな状況で演説させれば、日本政府に反する演説をする恐れがあるというのが、
政府が高校生の演説を禁止したのではないかと言われています。

 政府との見解の相違があるから、過去3年間行われてきた高校生の演説を中止?
政府と意見が異なれば、封殺されてしまう…これって、とっても恐ろしいことだと思いませんか?
 違いを認めない不寛容な社会は、個人を潰し全体主義となってしまいますよ。


 言論封殺、言論統制、思想統制…すべてあの時代に行われたことです。
それが、戦争への道を拓き、だれも止めることができなくなった最大の理由だと思っています。
 戦後72年が経って、またあの時と同じことが行われているのかもしれませんよ。

 日本政府が「核兵器禁止条約」への署名を拒否することは
この国が国際平和を築くためにすべきことを放棄していることです。
 戦争被爆国として、日本こそ「核兵器禁止条約」に署名をすべき立場にあるはずです。

 私たちは、すでに「恐ろしい時代」への入り口に断たされているのかもしれません。

 国家の財産も私物化されたとされる森友、加計問題もこの有耶無耶…?
いよいよもって、あの時代を彷彿させる事態が起きています。
 そしてその真相も明らかにされないまま、国民が忘れるのを待っているのでしょう。

 やっぱり、今の政治はおかしい…

「みんなの幸せ」ではなく、「オレの幸せ」しか考えてない政治一刻も早く止めなくては!


 


 

「殺処分0を目指す全国保健所一覧」…是非ご覧ください。




めんまねえちゃんさんの別ブログで、怪我した猫さんの里親募集をしておられます。
交通事故で愛護センターに持ち込まれ、あと一日で「処分」というところを救われた子です。
おとなネコさんだけど、とっても可愛い子です。ポッポちゃんと言うお名前でね、今手術が終わってちょっとずつ動けるようになってきたようです。せっかく救われた命…なんとか幸せの赤い糸をつなげてあげたいです。一度お顔を見てあげてください。お仲間にもお声かけいただければ幸いです。

 ポッポちゃんの最新情報~手術後、元気になって、走り回ってるとか~
おうち探し、ちょっと時間がかかっていますが、頑張ろうね~ポッポちゃん

 

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 




 ちょっと最初にお願いが~
いつもは最後の部分にあるはちねこ!さんのお願いですが、
 緊急事態なので、トップに持ってきました。


毎日ニャンコの保護に東奔西走しているはちねこ!さん…
ちょっと大変な保護現場に遭遇されています。
 ご協力いただける方がいらっしゃったら、お願いします

 また、ご飯のご協力もいただけるとうれしいです。


詳細は、こちらのブログでご覧ください。→ はちねこ!てんてんさん「おれ!みけお!」



ムツミママと末っ子ミサキちゃんにたくさんの「おめでとう~」をありがとうございました。

今日は、少し前の親子たちの写真を、もう一度…



チビ①

「おばちゃん、おにわで遊んでいい

手入れも満足にしていない草ぼうぼうの我が家の庭は、

チビッ子たちにとっては最高の遊び場だったようです。

親子はうちの庭に、時々やってきてはご飯を食べ、

子どもたちはムツミママに見守られながら、そりゃもう楽しそうに遊んでいました。


実は私たち家族は、この親子たちはご近所のネコ飼いさんのおうちの子だと思いこんでいたんです。

そんな私たちは、のんきに可愛い子たちを眺めては癒されていました。


その猫飼いさんのお宅は、もともと手術せずに、猫たちをお外にも出しており、

何度か「手術を…」とお話したことがありましたが、「そうね~」のまま…でね。

たくさんノミがついた猫たちだったので、フロントラインを持って行ったこともありました。


そしてムツミママは今回の子たちより以前に、出産しています。

それがこの子…


DSCF9348_convert_20160817215314_20170821002009e73.jpg

ミサキちゃんたちのおにいちゃんになる子です。

今、この子の姿を見かけることがありません。どこかで元気にしていてくれればいいのですが…



ある日、その猫飼いさんとお話しする機会があったので

「あのカワイコちゃん親子、うちによく来てますよ」と話すと、

「アレはうちの子じゃないの、ご飯はあげてるけど…」って。


これらの事実がつながって、初めてこの親子の生活実態がわかったわけです。




お家がない彼らにとって、おそらく我が家の庭は極めて安全な場所…だったのでしょうね。

ご近所から、ひどいイジワルもされてはいなかったと思いますが、

行き場のないムツミママは子供たちを抱えて、一生懸命に居場所を探していたのでしょう。

なにも知らないチビッ子たちは、我が家の庭で本当に無邪気に遊んでいましたけどね。



チビ②

賢いムツミママは、チビたちを上手に引き連れてよくご飯を食べに来ていました。

うちのおばあちゃんは、コッソリとご飯をあげては「お家はどこ?」って聞いてたらしいです。



チビ③

「あなたのおうちはどこですか~

「おうち…おうち、わかんないの…



幸いなことに、この子たちは、人間に対して警戒心はさほどなくてね、

だから、親子で保護することができたと思っています。

少し距離をとれば、カワイイお顔で照れくさそうに挨拶をしてくれて、

人が離れると、開いている窓からピョンとお家に入ることもありましたよ。




昔の我が家だったら、このままみんな「うちの子」にしていたと思います。

でも、それは現状では不可能…

私自身も関わるだけの余裕がないことと、おばあちゃん骨折。

さらに、最初の出産と思われる前出のおにいちゃんの姿が見られなくなったことが

「おうち探し」をしたいと思ったきっかけでした。



こんないい子たちだもの…「ずっとのおうち」で無邪気なままでいてほしいと思いました。

条件が決していいとは言えない子たちでしたが、

はちねこ!さんのお力添えで、ムツミちゃんもチビッ子たちも、もうご飯をもらい歩く生活からは卒業です。

「ずっとのおうち」で君たちの名前をつけてもらって、名前呼んでもらって、抱っこしてもらって…

たくさん、たくさん甘えられる場所が出来ました。

どんな命も幸せに生きる権利があるんだよね。

ご心配いただいたみなさん、そしてはちねこ!さんにどれほど感謝しても足りない思いです。






今日もこの一枚…

2015071800585866e_2015072422402039b.jpg

  今日はお休みです~

 

「殺処分0を目指す全国保健所一覧」…是非ご覧ください。








めんまねえちゃんさんの別ブログで、怪我した猫さんの里親募集をしておられます。
交通事故で愛護センターに持ち込まれ、あと一日で「処分」というところを救われた子です。
おとなネコさんだけど、とっても可愛い子です。ポッポちゃんと言うお名前でね、今手術が終わってちょっとずつ動けるようになってきたようです。せっかく救われた命…なんとか幸せの赤い糸をつなげてあげたいです。一度お顔を見てあげてください。お仲間にもお声かけいただければ幸いです。

 ポッポちゃんの最新情報~手術後、元気になって、走り回ってるとか~
おうち探し、ちょっと時間がかかっていますが、頑張ろうね~ポッポちゃん

 

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 




 ちょっと最初にお願いが~
いつもは最後の部分にあるはちねこ!さんのお願いですが、
 緊急事態なので、トップに持ってきました。


毎日ニャンコの保護に東奔西走しているはちねこ!さん…
ちょっと大変な保護現場に遭遇されています。
 ご協力いただける方がいらっしゃったら、お願いします

 また、ご飯のご協力もいただけるとうれしいです。


詳細は、こちらのブログでご覧ください。→ はちねこ!てんてんさん「おれ!みけお!」



 ギュウギュウに抱きしめられて、ブチュ~をされて、半泣きハータンでしたが、
アレは妹が来ると毎度のことでね~ そのたびにHELP ME~
 でも、この日も「ただいま~」と玄関を入るとお出迎えのハータン…

 私を通り過ぎて、まずは妹のところにすり寄って行ったのよ~
「え…まずは私でしょ~」と。ちょっとビミョーな気分だったけど
 ま、「もてなし上手」ってことで、許してあげましたよ




さて…今日はうれしいお知らせです。


 おうち探し中だったムツミママと末っ子ミサキちゃん
新しいおうちが決まりました~
 あのワンワンの居るお家です




DSCF1039_convert_20170725233151_20170819150709c4f.jpg

「アタシたち、仲良しになったのよ~」




DSCF1046_convert_20170725234139_20170819150703fdf.jpg

「ここのお家にずっといてもいいんだって~ママともいずっと一緒なんだって~





保護ママネコ

「いろんな人に助けてもらって、ずっとのお家を見つけてもらいました。
             優しい人に囲まれて娘と一緒過ごせる日が来るなんて…みなさんありがとう~」





 ふたりのお兄ちゃんたちも、それぞれにに新しいお家が決まっています。


IMG_4946_20170819152606a09.jpg

私のお友達のおうちの子にしていただいた、一番大きかったおにいちゃん…ポンちゃんです。




トライアル中のミノル君

はちねこカフェで見染められてたミノル君




 これで親子全員、幸せな日々を約束されました。


 お外で頑張ったムツミちゃん、
そして、おりこうにお母さんの言うことをよく聞いていたチビッ子たちよ、
 みなさんに感謝して、いっぱいいっぱい甘えさせていただいて幸せになるんだよ~




SBSH3208.jpg

「ハータンもホッとした~」



 実はね、ムツミママ、ミサキちゃんのお家が決まりそうになかったら、
私の部屋に連れてこようか…と検討していました。
 一人っ子気質で猫嫌い、その上14歳のハータンとの同居…

ハータンにも「あのね…お家のない子がいてね…」とお話を毎日しては、お願いしてたんです…

 棲み分けのスペースもない環境では、かなりハードルが高い状況は想像できましたが、
腹をくくるしかないな~と半ば覚悟もしていました。
 そんな中での、「親子一緒に」とおっしゃっていただけたことはうれしかったです。


 里親様、ありがとうございました。

 どうかどうか、末永く可愛がってやってくださいませ…



 里親様、ずっとお外頑張って、子育てしてきたムツミママ、
そして甘えん坊の末っ子ミサキちゃんを家族にしていただきありがとうございます。
 心から感謝いたします。


 

最後になりましたが…


おうち探しにご協力くださったはちねこ!さん、
 そしてブログで情報を拡散してくださった皆様に、心よりお礼申し上げます。



 そんなこんな…ではちねこ!さんにはお世話になりっぱなし…
せめてもご恩返し…と、みなさんに今のはちねこ!さんの窮状を訴え。
 ご協力を賜りたいと叫ぶ私です~



今日もこの一枚…

2015071800585866e_2015072422402039b.jpg



 8月15日、武道館で行われていた「戦没者慰霊祭」の中継を母は黙って観ていました。
いつもはおしゃべりな母なのに、画面を見つめていました。
 多感な青年期に経験した戦争は、母にとってどのようなものだったんだろうな…と
ジッと画面を見つめる母を見ながら考えました。

 「欲しがりません 勝つまでは」「ぜいたくは敵だ」と言われいくつもの我慢をしてきたのだろうな。
モンペを履いてお提髪の女学生だった母を想像しました。
 母の作るモンペは履きやすいと、みんなが作ってほしいと注文に来たそうです。


 「パーマネントはやめましょう」なんてスローガンは女性への大きなプレッシャーとなり、
スカートをはいているだけでにらまれたらしい。
 ただただ「お国のため」と言われて、学校ではなく勤労動員。


 空襲警報に怯える日々は、いつしか空襲の恐怖より、漠然と「死」をも覚悟したらしい…。
「鬼畜米英」と教え込まれて、英語の勉強もできず、世界の情勢すら知ることもできなかった母。
 「進め一億 火の玉だ」「一億玉砕」とお国に命を預けて生きてきたのでしょう。


「権利は捨てても 義務は捨てるな」
 

  こんなスローガンもあったらしい。
 当時の国民(臣民といわれた)の義務は「兵役」と「納税」
  そして権利は「天皇の恩恵」、いつでも取り上げられるものでした。
 お国のためなら命さえも惜しまず、尽くせ…の時代。



 母が、中継が終わって誰にともなくつぶやいたことば…
「あの日は暑かったのよ…青い空を見上げてもう空襲はないんだな…」と思ったんだって。
 何もかも取り上げられて、「自分」という存在すらも見つけられないまま過ごした青年期…。
母の脳裏には、どんな光景が浮かんでいたんだろうな…。
 

 
 安倍君たちが必死に進めようとしている「憲法改正」は
政府の権限を大きくし、国民が保障されるべき権利を縮小を進めるもので、
 母の時代と同じ価値観が憲法に盛り込まれるということです。
 
 国民の権利は「生まれながらにして持つ権利」であって、
権利は政府が国民に与えるものではありません。
 この権利を守るのが政府の義務であるはずなのに、これでは母の時代の再来です。

 
 母にとってあの戦争は…
悲しくて、悔しくて、辛くて、腹立たしいものだったんだろうな。
 もう二度と母のような思いをする若者を出してはいけませんね。



 

「殺処分0を目指す全国保健所一覧」…是非ご覧ください。








めんまねえちゃんさんの別ブログで、怪我した猫さんの里親募集をしておられます。
交通事故で愛護センターに持ち込まれ、あと一日で「処分」というところを救われた子です。
おとなネコさんだけど、とっても可愛い子です。ポッポちゃんと言うお名前でね、今手術が終わってちょっとずつ動けるようになってきたようです。せっかく救われた命…なんとか幸せの赤い糸をつなげてあげたいです。一度お顔を見てあげてください。お仲間にもお声かけいただければ幸いです。

 ポッポちゃんの最新情報~手術後、元気になって、走り回ってるとか~
おうち探し、ちょっと時間がかかっていますが、頑張ろうね~ポッポちゃん

 

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村