FC2ブログ
2011.07.29 おかあさん
  今日も蒸し暑い一日でした
 はなさん、相変わらずグータラです

 NEC_0889.jpg    NEC_1733.jpg

  ところが、突然のゲリラ豪雨
     まさに滝のような雨
 雷鳴って、日本沈没か~ってくらいの雨音…
   いつもは女王様気取りのはなさん、あわててあたしの脇にやってきた

NEC_1693.jpg

     「怖いわけじゃないわよ
           こっちに来たかっただけだからね

 素直じゃないね~ビビったくせにさ~
    この顔見たら、ビビってるのはバレバレだよ~
         そこがまた、可愛いんだけどね

 ところで、
   あたしは天候や陽気が崩れると、いつもドキドキしてしまいます。
  
 ノラのお母さんはチビさんたちを抱えて必死だったろうな…って、
            心配になるのです。
     
    小さいころの出来事を思い出してしまうのです。

  
   子どもの頃、公団住宅って所に住んでました。いわゆる団地です。
      ペットなんか、もちろん禁止

   でも、飼ってました…それも山ほどね~

 だって、いるんだもん…お家がなくて、寒そうにしてる子や、お家を求めて付いてくる子
 だから、うちにご招待してはご飯食べてもらってました。
    (ま、正直に言うと『おいで~』と呼んでました…
 
 そんな中に、ひときわ美人の賢い猫がいました。
   赤白の毛色が、これまた上品で、しとやかな猫でした。

 彼女の事を、我が家では「おかあさん」と呼び、
   寒い夜などは、見かねて我が家に招き入れることもありました。
     うちに入っても、分をわきまえているというのか…
       大人しく粗相などすることもなかった子です。

  いつも子供を抱えていた記憶がありますが、どの子も器量よし
    彼女は子育てが上手な子で、ワンパク盛りの子もたちも、
  おかあさんの言うことは、よく聞いてお利口さんでした。 

  そのおかあさんは、近所の方のご厚意で、
    粗末ではあるけど、ダンボールハウスを与えられ、
      ご飯もいただいていたから、
  ノラとはいえ、当時としてはかなり恵まれていたと思います。
   
   毎年春、秋に生まれていた子どもたちも
         それなりに育っていたように思います。


  ノラにとって厳しい季節や天候にになると、
    あたしは、このお母さんの事を思い出すのです。

      このおかあさんは、実に偉大な母でした。
     
    彼女は、悲しい時しか、涙は出ないと思っていたあたしに、
       悲しみではない涙があることを教えてくれた気がします。

  おかあさんのお話を書こうと思ったけれど、この続きは次回ってことでご容赦

 はなさんが、さっきから「ネンネですよ~もうネンネですよ~」って騒いでるもんで…

   今日のはなさん、甘えん坊さんになっちゃったみたいですよ

  こういう日は、主導権があたしに回って来るんだよね
    ヒヒヒ~ちょっと嬉しいね
  
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 
 
人気ブログランキングへ