FC2ブログ
昨夜の天体ショー、神秘的でした
しんしんと冷えて行く中、
  静かにに欠けていく月…次第に赤銅色に妖しく輝き始めて
    いよいよ皆既…

 思わず「ほぉ~」とため息

 コイツ、な~んにもわかってないし…
     興味は、動くものと食べるものだけ…
NEC_4945.jpg

 「ほら、お空を見上げてごらん~お月さまがきれいだよ~」
  「え~寒いじゃんヤダね~だ
 チェッ、小憎らしいこと言いおって
  ロマンのかけらもありゃしないんだから

 NEC_5051.jpg

 こいつら、あの素晴らしい天体ショーなんて、て~んで興味なし
「え…ゲッショク…おいしいの、それ
  
 
 食べてみた~い」と追いかけてくるだもんさ~


 食欲があるのは元気な証拠だろうけど…コイツのオツムはすべて「食」の世界みたい
食は食でも、「月食」だっちゅ~の

 こんな奴は放置です
 われわれは その間、ただただ、じっと空を見上げて
    自然の神秘に魅せられていました
 急がしいていうのにね~

 小さいころから月蝕だ、日食だ、流星群だというと連れだされて空を見上げるのが習慣です。
 夕べも、小さいころの思い出話をしながらの観賞でした。
 
 月蝕、日食、流星群…
  なんだかこういうイベントがある日は
 子供はワクワクドキドキしながら、その時を待っていた気がします。
 今じゃこんなあたしも、小さい頃は「お月さまのうさぎさんは、どうなっちゃうんだろう」と真剣に心を痛めたこともあったっけ~可愛いころもあったのよね~ 

 昔は、どこでも空を見上げると、たくさんの星が見えたけれど、
今じゃビルとビルの間から、ちっちゃな空間を見つけるのがやっと…
  広い空を見ることもできないところが多くなっちゃった
 天の川なんて、今じゃどこにあるのやら…
 子供が星空を見上げて、星座を探したり、ギリシャ神話を思い出すなんてこともないんだろうなぁ~
星座と言えば「星占い」の世界だけかもね(あたし、ちなみにです…)

 子供の時代にやっておかなきゃいけないことを、今の子供たちは出来てないんじゃない…
想像力の欠如…なんて言われるけど、小さいころから培われるものであるのに、
 その環境が整ってないとなれば、それは彼らの問題ではないよね。

 最近、また少年事件がありました。
正直、怖いです…
 でも、その少年も、自分の存在が怖かったのではないかと思うのです。
人間関係が上手に出来ていれば、何か変化があった時、周囲が手を貸せたのではないかと思うんだけど。
 少年にとって、一番身近な両親との関わりがどのようなものであったのか、気にかかります。

 学校も、彼のSOSを見つけていなかったのでしょうか

 公立学校は「事なかれ主義」 私立学校は「商業主義的」になっちゃったし
私立学校あたりは「進学率」のみが重視されて、だ~れも、生徒たちの心を見ようとしてないもん。
 今や大学も経営難…結構かき集めちゃってるのが現実。  
 「進学率」という数字が、どれほど意味があるのかなぁ~
 入る方も「なにを勉強したいか?」ではなく「どこなら入れるか?」って考えてるみたいだし。

もっともっと、見つめなくちゃいけないものがあるんじゃない

 見えないものを見つめる目…
  創造力であり、思いやりあり、自分の心の声に耳を傾けること…
 それが、自分を大切に育てるってことなんじゃないかと思うんだけど、
  だれも見向きもしなくなっちゃってる。
 
  自由に自分の生き方を考えらる時代のはずなのに、
     みんな、なぜか画一化に向かってる。
  無理があるんじゃない
    生き物は、みんな自由を好むものだと思うんだけどね~
  
   自立できない時代なのかもしれないな。 
  何でも当てがわれて、便利で快適…考える必要もなく、
   明日に向かうレールまで敷いてくれちゃうんだからね。


 その上、おもちゃと言えばゲームだし、
  年賀状も「個人情報」の問題で住所がわからずメールの時代だしね。
    機械と機械に支配されて、自由な発想も、
  自分の心や隣の人の心を感じることもしなくていいような時代に
    どんどん向かってるのかもしれない。

 子供のころには思いもしなかったけれど、
月蝕…こんな機会に、空を眺めて思いをはせる…なんてことをすることは、
 実は、とっても大事なことだったのかもしれないと感じたよ

 わが母は、偉大なりか…

 幸い、我が家は田舎町

 天の川は無理だけど、流星群だって、もちろん昨夜の月蝕だって
  ヒョイと上を見上げりゃ、存分に楽しめちゃいます。

 が…しかし

 今朝起きて、気がついた…
起きようと思ったら、首が…
  やっとの思いで起きあがったら、腰が…

 痛いんです…

 昨夜のあの神秘に魅せられた、ロマンチックな気分は一気に消え去り、
厳しい現実に引き戻された~

 コヤツめ…月蝕が終わるころには…NEC_4961.jpg

   こんなだし~ ま、これはこれで、きみらしくていいけどね~

 久しぶりに、忙殺されている自分を忘れて静かな時間を過ごせました。

 こういう時間もなくちゃ、壊れちゃうよな~あたし…

span>にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 
 
人気ブログランキングへ

同盟バナーご協力を白長

スポンサーサイト