すっかり梅雨らしいお天気が続きますね~湿度の高いこと、高いこと~
でも、カサカサ乾燥肌のシワが伸びてるような…気もするけどね~


IMG_2777.jpg

「みなさん、ごきげんよう~ ベッタベタな日々、いかがお過ごしかしら~

ハータンは、ドヨヨ~ンな日々…


IMG_2779.jpg

「こんなお天気の日は、写真はNGよ~





IMG_2805.jpg

「…お日さまが行方不明でさ~毛皮もシットリでさ~」



毛皮のコンディションが気になるようで…毛皮のお手入れ始めました…



IMG_2763.jpg

「ンベェ~ンベェ~ハァ~ベッタベタだわ~ウッザ~ィ

…そんな顔して~


IMG_2807.jpg

「お手入れ止めた…みなさんおやすみなさ~い~」


それでなくても仏頂面のハータン、いっそう磨きのかかった仏頂面で失礼いたしました~

雨のせいかな…ちょっとハータントーンダウンで、お食事も食べるとケロッちゃうの…



















今日もこの一枚…

2015071800585866e_2015072422402039b.jpg

 1945年6月23日、沖縄は玉砕しました。今日、6月23日は終戦の日です。
あの大戦で唯一の地上戦が行われ、多くの民間人が米軍の、そして日本軍の犠牲になりました。
 4人に1人が犠牲になったと言われます。

 沖縄は、この日を持って組織的戦闘が終わったとされていますが、
沖縄島民の苦しみは、むしろここからが地獄だったのかもしれません。
 運命共同体と思っていた日本軍の解散命令で、放り出されたのですからね。

 沖縄島民は米軍の上陸以降、日の丸の下、すべての民間人は日本軍と共に壮絶な運命を背負わされました。
その日本軍が、解散を宣言した段階で運命共同体であったはずの軍に捨てられたのです。
 けれど、その沖縄の日本軍も本土からは、すでに見捨てられ食料、兵力、武器…すべての補給を絶たれていました。

 沖縄は捨石…勝てるはずもない戦いのために、国体護持の時間稼ぎの犠牲にされたのです。
すべてを奪われ、生きることさえ許されなかった沖縄島民の心はどれほど悔しくつらいものだったか。
 そして、戦後はアメリカの占領下となり、アメリカからの差別的扱いを受けてきました。

 だから沖縄島民は日本への復帰を願いました。

 核抜き本土並み復帰…

 1972年5月、念願かなった本土復帰…

 けれど、沖縄から基地はなくならず、以降日米安保の犠牲となってきました。

 先日起きた、沖縄での20歳の女性が殺害された事件。

 この事件への怒りが一つになって、県民大会が開かれました。

 その報道の中で「私も米兵の犠牲になった」という61歳の女性が、
顔を出してインタビューに答えている姿を見ました。 
 恐怖と悲しみ、どれほど隠したい過去だっただろうに…

 それでも語ろうと思った彼女の心には、
怒りと自分自身への誇りを取り戻したいという思いを感じました。
 こんな思いをしている方が、どれほどいらっしゃるんだろう。

 沖縄での米軍関係者が起こした事故事件は、
日米安保条約の地位協定で、日本の警察権力が介入することはできません。
 すべて米軍によってうやむやにされてきました。

 そんな沖縄県民の思いをすべての国民で共有したいと思います。
沖縄の歴史は日本の明治維新の琉球処分以降、明らかに侵略と捨石の歴史です。
  だから反基地闘争が根強く続いてきているのだと思います。

 そして、この問題を政府サイドは「疎ましいもの」と見ています。

 自民党の憲法改正案を見ていて感じました。

現行憲法第12条
 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。


 自民党改正草案第12条(国民の責務)
 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力により、保持されなければならない。国民は、これを濫用してはならず、自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない。


 「「公共の福祉」…「自由」は国民みんなの幸せのための権利出なくてはならない。とされているのに対し、
「公益及び公の秩序」と改正しようとしています。公益って何だろう?
 すべての人の利益…そのためには自由は制限されると読めると私は思っています。
つまり、これまでの沖縄をはじめとする中央の方針、政策への住民の反対違憲、反対闘争が、
 憲法違反とされる可能性をはらんでいると思っています。
これで、沖縄の反基地闘争は「地元エゴ」と片付けるつもりなのでしょう。

 そして、

 現行憲法第13条
 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

 自民党改正案 第13条(人としての尊重等)
 全て国民は、人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公益及び公の秩序に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大限に尊重されなければならない。

 たった一文字「個」の字が消えてるだけ…

 けれどこの一文字の意味は極めて大きな意味があると思っています。

 「個人」…一人ひとりの存在を認める。から、「人」…単なる人間の権利を国家が保障するに変わる。

 人権そのものの意味が変わってきています。
「生まれながらにして誰にも奪われることのない権利」から「国家が保障する権利」へ
 国家権力が強大化し、国民の権利は国家によって制限されて行きます。
あの時代の都合の悪いものは抹殺すべし~の、「治安維持法」が、正当化されてしまいそうな条文です。


 戦時中、母は当時飼っていた雑種犬のテリーを軍に徴用しなければならなくなりました。
母はそれを拒否し、隠して飼い続けました。
 なにが正しいのかを自分で判断するのではなく、国家が判断し国民を従わせようとする社会となったら…
私はハータンやゴンちゃん、さっちゃんを守り切れるだろうか。

 もちろん明日にでも戦争が始まるとは思わないけれど、
安倍政権は、いつでも戦争ができるように法整備を進める現状を見ていると、
 アベノミクス、経済の再建…という目先のことに騙されてはいけないと強く思います。

 自民党は「憲法改正」を参院選の争点とはしないと言っていますが、
この秋にも「憲法審査会」を活動させると言っています。
 ならばきちんと論議すべきですし、争点として堂々と選挙演説でも語るべきです。

 特定秘密法、安保関連法…
そして今回の「憲法改正」(改悪だと思ってますけどね)…
 争点隠しで、勝てば数の力で押し切った安倍政権の国民無視を忘れてはいけないと思います。

 71年前の沖縄戦…まだまだ言いたいことはあるけれど…
たくさんありすぎて、頭がヘンテコリンだ…
 でもね、忘れてはいけないこと、考え続けて行かなくてはいけないことだと思っています。

 民主主義も立憲主義もなし崩しにし、基本的人権を縮小し、
国家権力の強大化を計ろうとする自民党の憲法改正草案を一度お読みいただきたいと思います。
 コチラからどうぞ~

 沖縄終戦の日に思うこと…
 
 
IMG_2654_2016061521291402c.jpg

「ハータンたちは、守ってもらえるのかな…」

大丈夫、小さな命を愛する人がみんなで頑張るからね…


 

 てんてんさんからのお願いです~ 
 
20160609075504308.jpg
 

201605182330421c1.jpg


20160609075537436.jpg


チビッ子軍団、続々と増殖中です…はちねこ!スタッフ、ボランティアさんも、もう手いっぱいの状況です。

そんなこんなでみなさんにお願いです~

このチビッ子軍団のご飯が…足りませ~ん。幸せなおうち探しのためには十分なお食事が不可欠です。

ご飯のご寄付をお願いできませんか~そして、預かりボランティアさんはいませんか~

2016052007294380b.jpg

20160615125220f83.jpg

20160615125223ddd.jpg
2016061512522207a.jpg

201606170939182ef.jpg



手遅れで、命をつなぐことができなかった子の分まで、幸せになってほしいよね。


詳細はてんてんさんの「おれ!みけお!」で、ご覧ください。
ボランティアの預かりさん、里親希望さん、ご寄付…よろしくお願いします



 
めんまねえちゃんさんの別ブログで、怪我した猫さんの里親募集をしておられます。
交通事故で愛護センターに持ち込まれ、あと一日で「処分」というところを救われた子です。
おとなネコさんだけど、とっても可愛い子です。ポッポちゃんと言うお名前でね、今手術が終わってちょっとずつ動けるようになってきたようです。せっかく救われた命…なんとか幸せの赤い糸をつなげてあげたいです。一度お顔を見てあげてください。お仲間にもお声かけいただければ幸いです。


 

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamehanataroudiary.blog.fc2.com/tb.php/1119-22efa3bc