みなさん、ごきげんよう~

IMG_2558_20160713000617548.jpg

「今日も雨だそうです…」




ハータン、再びドヨヨ~ン…

IMG_2874_2016072300152881a.jpg

「ハァ~ァ…

ハータンを慰めることばも浮かびませんよ~

こんなお天気も、あと数日のことだと思うんだけどね…

ブラシでカシカシしてあげるよ~




DSCF7115_convert_20160615210445_20160714210346ead.jpg

「カシカシ…もうハゲちゃうよ~」




今日もこの一枚…

2015071800585866e_2015072422402039b.jpg

 今日は朝からニュースは神奈川県の福祉施設「やまゆり園」で発生した凶悪事件を繰り返し報道しています。
常軌を逸した事件で、この事件の実態はよくわからないけれど、
 この容疑者は、今年の2月衆議院議長公邸に「障碍者を抹殺すべき」旨を書いた手紙を持参し、
職場でも「障碍者を安楽死させるべき」との発言をしたことから、施設は警察に連絡し措置入院させられています。

 措置入院とは、「精神保健福祉法」によって定められている入院スタイルの一つです。
自傷、他害の恐れがある場合に都道府県知事の権限と責任において強制入院させることが認められています。
 この容疑者は、この法律に則り、措置入院をしていますが、その際、大麻陽性の反応があったようです。

 措置入院は結局12日間で、医師に判断によって退院するのですが、この日数が適切だったのか?
もちろん人権問題もあるため、いたずらに拘束することはできませんけれど…
 少なくとも退院後は、この容疑者への社会生活が復帰できるように周囲がフォローする必要があるはずです。
 
 しかし、退院後両親と一緒に住んでいた家から両親は都内に引っ越し、
事件当時は一人で生活をし、職場も退職…
 容疑者の周辺に彼を見守る目が果たしてあったようには思われません。
職場、医師(病院)、警察、家族の連携はとれていたのか…?
 ここはとても大きなポイントのような気がします。

 そして、衆議院議長宛の手紙には、今回の事件を予告する文面もあったようです。

 にもかかわらず、容疑者の生活実態は放置された状態であったとは…

 両親はなぜ彼を残して引っ越したのか?警察は彼に対してどのような対応をしていたのか?
犯行予告があったという以上、施設側も当然セキュリティを備えていたでしょうが、 
 どの程度の危機感を持っていたのか、まだわかりません。

 容疑者は「自分の意思も持てないのに、生きていても幸せではない。不幸をもたらす」と思っているようです。
当然ですが、何が幸せなのか?人の幸せを他人が決めることなどできません。
 彼自身、養護学校教員を目指し、実習にも行っていたようです。
障碍を持つ者の立場をわかっていたはず…なのに、なぜ、こんな正反対の思想を持つに至ったのだろう?
 


 この容疑者はおそらく「精神鑑定」を行うことになるでしょう。
その結果によっては罪は問えなくなる可能性もあります。
 そして、障がい者に対する偏見によって、彼らが傷つけられることを危惧しています。

 もちろん、障がい者による犯罪はあります。
けれど、その比率は健常者のそれの方が高いのです。
 にもかかわらず、障がい者への偏見が起きるのです。

 今精神科は満員御礼ですよ。
こんな生きにくい社会、心を病んでも当然でしょう。
 明日は我が身…だと、私自身が思っています。

 容疑者が犯行を自供している以上、彼が犯人であることは事実でしょう。
けれど、障碍者の犯行…という位置づけでこの事件を見てしまうと、
 この事件の本質が見えなくなってしまうかもしれませんね。
 
 障碍者は抹殺すべきと言った容疑者は、
自分自身が十分に正常な判断力を失っている…ということに気付いているのでしょうか?
 生きにくい社会の中で、人間の心は気付かないうちに傷ついているのかもしれません。




 てんてんさんからのお願いです~ 
 
20160609075504308.jpg
 

201605182330421c1.jpg


20160609075537436.jpg


チビッ子軍団、続々と増殖中です…はちねこ!スタッフ、ボランティアさんも、もう手いっぱいの状況です。

そんなこんなでみなさんにお願いです~

このチビッ子軍団のご飯が…足りませ~ん。幸せなおうち探しのためには十分なお食事が不可欠です。

ご飯のご寄付をお願いできませんか~そして、預かりボランティアさんはいませんか~

2016052007294380b.jpg

20160615125220f83.jpg

20160615125223ddd.jpg
2016061512522207a.jpg

201606170939182ef.jpg



手遅れで、命をつなぐことができなかった子の分まで、幸せになってほしいよね。


詳細はてんてんさんの「おれ!みけお!」で、ご覧ください。
ボランティアの預かりさん、里親希望さん、ご寄付…よろしくお願いします



 
めんまねえちゃんさんの別ブログで、怪我した猫さんの里親募集をしておられます。
交通事故で愛護センターに持ち込まれ、あと一日で「処分」というところを救われた子です。
おとなネコさんだけど、とっても可愛い子です。ポッポちゃんと言うお名前でね、今手術が終わってちょっとずつ動けるようになってきたようです。せっかく救われた命…なんとか幸せの赤い糸をつなげてあげたいです。一度お顔を見てあげてください。お仲間にもお声かけいただければ幸いです。


 

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamehanataroudiary.blog.fc2.com/tb.php/1144-6f3e80bb