実はね、ここ数日のブログ記事は「予約投稿」でした。
ちょっと最後の追い込みでヒーヒー言ってたもんでね~
 で、金曜日、やっと仕事のメドが立ったので、打ち上げ~

 仕事が終わって、そのまま集合なので、
取り急ぎみんなそれぞれに好きなものを好きなだけもちよりです。
 統率も何もありゃしないけど、気にしない、気にしない~


お酒係が一番に到着~


IMG_4279.jpg


IMG_4277.jpg

ハータン、コッソリ写ってました~


ビール(発泡酒だけど)、焼酎、ウイスキー、安物だけどワインはここにあるからね~
これだけあれば、もう十分よね~




IMG_4281.jpg

「今日はなんかごちそうの予感…お客さんたくさんかも…



そうなのよ、ハータン~美味しいものおすそ分けするからね



IMG_4282.jpg


このあとピザや、クラッカーサラダも並びましたが、
        飲むは食うは~で忙しくて写真なんて撮る暇なし


 仕事が終わり、6年前のこの日、なにをしていたかを語り合い、
森友学園籠池理事長辞任の記者会見、
 そこに意図的にぶつけたと思われる安倍君の南スーダンの自衛隊撤退記者会見。
さらに韓国の朴槿恵大統領の弾劾…

 こんな報道を見ながらこの国を憂いながら飲む…


 ハータンも、ごちそうのおすそ分けいただきました~

IMG_4284.jpg

「あれ…今日は赤いプチプチがないのね…」



その代わりにプチプチのお母さん(サーモン)でいかがでしょうか~


IMG_4285.jpg

「ピンクのお魚か…ま、いっか~」


どうしてこう生意気なこと言うんだろうね~


いささか疲労困憊…寄る年波には勝てないわね~

ちょっと休養が必要かしらね~




今日もこの一枚…

2015071800585866e_2015072422402039b.jpg

  震災から6年…私たちはあの衝撃的な出来事を目の当たりにして、
自然の力の前にただ立ちすくむしかありませんでした。
 そして6年が過ぎて、被災地の復興、被災者の方の生活はどこまでなされたのでしょうね。

 いまだに仮設住宅に住まわれている方が3万5千人と言われています。
仮設は、あくまでも仮設でしかありません。
 十分の広さもプライバシーも保障されず、もちろん暑さ、寒さ、防音が住宅強度だって保障されていません。 

 ちなみに「災害救助法」では、4人家族用の仮設住宅は29平米と定められています。
間取りで言うと、キッチン、バストイレ、4.5畳が2間なのだそうです。
 そして、住居期間は2年…広すぎては入居者の住宅の再建意欲が落ちるからだそうです。

寝る場所があるんだから我慢しろ…ですか?と言いたくなる環境でしょ?

 安倍君は憲法の改正にはやたらに熱心にこだわりを見せていますが、
そんなことより、もっともっと以前に「災害救助法」の改正が急がれるのではないでしょうか。
 阪神大震災から20年以上が経っても、一向に議論にもあげようとしていません。


高齢やの多いこの国で住宅再建ができる人ばかりではない…ということすらお分かりではないのでしょう。


 自主避難されている方への住宅支援もこの3月で終了だそうです。
この支援額も4人家族で7万5千円…行政が借り上げた住宅に入ることが原則で、
 自己負担金を足してこれ以上の家賃の部屋を借りることはできないのだそうです。


 支援が切れれば、帰るのか、帰らないのかを決定しなくてはなりません。
これまで故郷と避難場所との二重生活をされていた方たちも多く、
 支援ストップは、そのまま生活費の負担増大となります。

 「忘れないでほしい」と歌える被災者の方々の声の一方で、
「もう6年も経ったのだし…いいよね」というかのような政府の保障体制は怒りを感じます。
 復興支援をする振りをして五輪を誘致し、資材も人手もオリンピックに奪われていると聞きます。

 
 これがこの国の実態です。現状に見合った法改正がなくては災害時に住む場所すらも確保できませんよ。
憲法の改正にこだわる安倍君は「時代に見合った憲法を」というけれど、
 その前に国民が途方に暮れている時代錯誤な「災害救助法」があるのですよ。

また、国民の権利としての福祉ではなく、その精神は「お国が面倒見てやろうか…」の意識が丸出し。

 国民の安全安心な生活より、安倍君には大切なことがあるようです。
軍事大国化、教育勅語を暗唱する教育という自分の理想国家建設…これが最優先のようです。
 「国民の安全・財産を守るため」に憲法を見直すというなら、「災害救助法」も見直すべきです。


 そしてもう一つ…

せめて、あの原発事故がなかったら…多くの方がそう思っていると思います。


 けれど政府の「原発推進」の方針は変わらず、原発輸出まで進めていきたいようです。
あの事故で原発が政府が言うように安価なエネルギーではないこと、
 決して安全ではないことを思い知らされたはずなのに、なぜでしょうね。

 あの事故を政府はどう位置づけているのでしょうね。
あれだけ怖ろしいことを思い知らされても手放せない原発の魅力とは、なんなのでしょう?
 どこかで誰かが、ほくそ笑んでいるのでしょうね… 

 
 除染が済んだといっても、依然として放射線量が高くそこに住めるのか?という疑問があり、
農漁業、酪農の復興も、未だに放射能が影響して復活に至っていないところが山ほどあります。
 生活基盤も整わず、不安は決してぬぐえてはいないはずです。


 地震大国であるこの国では、いつどこで大震災が起きても不思議ではありません。
そんなことを政府は少しでも意識してくれているのでしょうか?
 国民のひとりとして、被災者に心を寄せていきたいと思います。明日は我が身でもあるのですからね。
 

 
 安倍君は憲法の改正だの共謀罪だの、そんなことばかり一生懸命にやってるけれど、
国民の生活の実態については、保育園の件からもわかるように実に無関心だと言わざるを得ません。
 自分のやりたことをやるのではなく、国民の求めていることに応えていくことをしてほしいものです。


 
 森友学園の問題もしかり…国民は実態を明らかにすることを求めていますよ。
きっとこれも、ごまかし続けて国民が忘れるのをじっと待つつもりなのでしょう。
 国民の声に耳を傾けようとしない政権に私はもう限界を感じます。


 

 
  



「殺処分0を目指す全国保健所一覧」…是非ご覧ください。



 小さな命を一つでも救いたいと、日々奮闘中の「はちねこ!」さん。

DSCF9827_convert_20170109234952.jpg

かわいいぶっちゃん、とってもいい子で素敵なお嬢さんになりました。
手術も終わってトライアルに入るんだって…ちょっと寂しいけれど幸せになって欲しいなぁ…


次々と保護される子たちの医療費、ご飯代…そりゃもう大変のようです。

20170104235441fa1.jpg

DSCF9832_convert_20170109234740.jpg

20160106122104c9c_20170109234045843.jpg


 里親さん募集はもちろんのこと、チビニャンコやオトナニャンコのご飯のご協力や、
保護猫たちの預かりさんのお手伝いをくださる方を募集中です


DSCF9840_convert_20170109235156.jpg

「おねがいしま~す」


「はちねこ!カフェ」→ 

「おれ!みけお!」てんてんさんブログ→ 


めんまねえちゃんさんの別ブログで、怪我した猫さんの里親募集をしておられます。
交通事故で愛護センターに持ち込まれ、あと一日で「処分」というところを救われた子です。
おとなネコさんだけど、とっても可愛い子です。ポッポちゃんと言うお名前でね、今手術が終わってちょっとずつ動けるようになってきたようです。せっかく救われた命…なんとか幸せの赤い糸をつなげてあげたいです。一度お顔を見てあげてください。お仲間にもお声かけいただければ幸いです。

 ポッポちゃんの最新情報~手術後、元気になって、走り回ってるとか~
おうち探し、ちょっと時間がかかっていますが、頑張ろうね~ポッポちゃん

 

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamehanataroudiary.blog.fc2.com/tb.php/1322-fd5e0f96