今日も汗まみれ~もうだんだんと汗が首筋を伝っても、な~んにも感じなくなってきましたよ。
 で、どうせ汗をかくなら…の流儀で、今日も自発的に汗を流してきましたよ

 そんな昼下がりの、わが家の統治権の総攬者…ハータンは~


130807_143257.jpg


「ねね、暑いよ~ピピッ(エアコンのこと)つけて~
それからさ…お休みなんでしょ…、お話したり、遊んだりしようよ~
 エステ(ブラシとコショコショ)も今日はまだだよ…


うんうん、そうね~ちょっと待っててね~
  
 そのうちに、気づくとハータンが真剣なオメメでテレビを見ていました…


130807_143323.jpg


 そのテレビの画面には、お母さんに甘える子猫が…ニャンコの親子の番組です。


130807_143222.jpg

「いいな…お母さんといっしょなんだ、あの子…」


130807_143211.jpg



「ハータンもお母さんに抱っこしてもらいたかったな…
    ハータンのお母さん、どうしてるのかな…」


 そうだよね、ハータンはまだミルクを哺乳瓶で飲まなければならないようなチビさんだったのよね。

   ハータンは、ほんの少しだけ、お母さんのことを覚えているのかもしれません。

 さびしくて、そのお母さんに、会いたくなっちゃったのかもしれません。


      ごめん…ハータン、いっぱい遊ぼうね。

 捨てられて、一人ぼっちになったことのある子は、
   少なからず、お母さんや兄弟のことを覚えているのではないかと思うことがあります。


 一生懸命に可愛がっているつもりでも、
    実のお母さんには勝てないのかもしれないな…と思うこともしばしばです。


DSCF6244_convert_20130425203257.jpg

「そこまでわかってるなら、もっと遊べ~エステも毎日やってよね~
 
…ん…コヤツ、小芝居打ちやがったか


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 
 
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamehanataroudiary.blog.fc2.com/tb.php/394-b9c7b6e5