今日も寒いしね~バタバタだしね~

SBSH0108_20141206221147c5a.jpg

「あ、ハータンです。今日もハータンお仕事なの~
   あっちゃんがね、お仕事サボろうとするのよ~だから、ここで見張って、チェックしてるの



 ハータンがわたしを見張ってるのよ~休憩しようと思っても、そりゃもう恐ろしいお目付け役でね~

SBSH1944_20141129233346957.jpg

「ホレホレ~働け働け~中途半端に休憩しなさんな~
    仕事しないなら、ハータンの好きなニャンコの動画見せてよ~」


…ってことで、ちょっとハータンのリクエストに応えてみました~



SBSH1941_201411292331343a4.jpg

このニャンコさん、メチャメチャお怒りのご様子でね…

ハータンのお顔も、険しくなっちゃった

SBSH1943_2014112923334784c.jpg

「ちょっと、この子…何怒ってんのよ~出てきなさいよ~」


見張り役のハータン、動画にのめりこんでました~ちょろい見張り役でしょ

SBSH1940_201411292331354c4.jpg

「この子の怒りの表情、迫力あるわね…ハータン嫌われちゃったのかしらね…」


SBSH1834.jpg

「はっ ハータン見張り番だったんだったわ…」

ハータン、動画好きだもんね~ついつい本気ではまっちゃったのね

大丈夫、ハータンに言われなくても、もうあと少しで終るから頑張るよ~


SBSH1902_20141117215344d3c.jpg




にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


気が付いたら、ハータン私の隣でネンネの態勢でした。

ハータンがネンネの間に頑張らないとね


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 


選挙というと思い出すすエピソードがあります。

 ある年の選挙は7月の暑い日でした。
投票所までは徒歩で10少々、母と炎天下汗まみれになりながら歩いて行きました。

すると、投票所の小学校脇のフェンスに高齢の女性が縋り付くようにしゃがみこんでいて…。

 この炎天下ですから、命にかかわる状況ではと駆け寄り、ご家族に連絡しましょうか?と声をかけましたが、

「家族は今いない」と言い、ならば「救急車を呼びましょう」とお話すると、女性はしっかりとした声で

「その前に、投票しなくては…投票所に連れていってください」って。

 私は投票所まで走り、係員に事情を話し投票所まで運んでほしいとお願いしました。

 係りの人に背負われて投票所に行く道々、女性はなぜ投票にこだわるのかを聞かせてくれました。

 「昔、女性は選挙権がなくてね…悔しくて悔しくて仕方なかったのよ。
だから女性も選挙に行かれるようになった時、どれほどうれしかったかわかる?
 その時に決めたの、せっかくもらった権利だもんね…生きている限り絶対に選挙に行こうって」

 なるほどと思いました。

私たちは生まれた時から女性も男性も関係なく、すべての人に選挙権は与えられている社会に生まれました。

だから、当り前のことだとありがたみも感じずにいるのかもしれません。

この女性にとって、選挙権は自分を一人の人間として認められた証として宝物のように素晴らしい権利だったのでしょう。

 戦前戦後で、憲法は大きく変化しました。国民は天皇に使える臣民とされ、人権も現在の憲法とは大きく異なります。

人権は旧憲法にもありました。けれどそれは天皇から与えられた「恩賜的権利」であったため、条文の最後には「法律の範囲内において」と条件が付けられ、いつでも法律を改めることで、巻き上げられることができる権利でした。

 だから、治安維持法、国家総動員法などの法律を設けることで、人権は見事に雲散霧消…
YESといえない者は、消されていく時代となったわけです。

 一方で、現行憲法に定められている人権は「基本的人権」です。
生まれながらにして与えられた、だれにも侵されず奪うことのできない永久の権利です。

 この大きな違いで、女性にも選挙権が与えられた時代を、
この女性はどれほど待ち望んでいたのだろうかと思うと、もっとお話しを伺いたいと思いました。

 選挙権がなかった時代を知る人ほど、選挙権を行使することの重みを知っているのかもしれませんね。

見知らぬ女性から、大切なことを教えられました。

 選挙権は国民に与えられた権利…「参政権」です。
けれど、それはまた日本国民として、どのような政治を望むかを意思表示する国民の義務でもあると思いませんか?

「そうだ、選挙へ行こう~」…こんなCMあったよね~

 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamehanataroudiary.blog.fc2.com/tb.php/652-24cca767