日曜日もお天気だったので、ベランダ公園で、ハータンとお弁当~

SBSH2529_2015021323003226e.jpg

私も一緒に…今日もトースト…チーズトマトだよ。マヨラーな私は、もちろんマヨネーズをかけました~

SBSH2545.jpg

もちろんコーヒー飲みました。

コーヒーの香りがお気に召さないハータンは、ちょっとムッとしてたけどね。



SBSH2515_20150216140000e19.jpg

猫嫌いのハータンが、唯一シャーをしないクロネコさんもこっそり遊びに来てました…


ちょっとこのところ疲れがたまってたな~

そんな時は日なたで毛づくろいするハータンを見ているのが一番幸せ~


DSCF7426_convert_20150216141240.jpg

ウニャウニャウニャウニャ…


DSCF7424_convert_20150216140645.jpg

ガシガシガシガシ…


DSCF7427_convert_20150216141959.jpg

ペロペロペロペロ~


DSCF7408_convert_20150216140818_201502161525343e0.jpg

アハハ~シッポ、ボッサボサ~



DSCF7407_convert_20150216140306.jpg


ちょっと女の子らしいポーズでしょ…私はハータンのこのポーズが大好きなの。


続きを読む…に、またちょっとつぶやきました…よろしければお読みください。



 ところで、てんてんさんの頑張る「はちねこ!」~(詳細はこちらで~)
はちねこ!にお世話になっている8歳のゴールデン君飼育放棄で、何のお世話もされていなかった子ですが、

てんてんさんたちのおかげで、スッキリさっぱり、ピッカピカのイケメンゴールデン君になりましたよ。

可哀想になるくらい、性格もいい子で人間大好き君みたいです。

去勢手術も済ませたようですよ。
ドンタコス下僕さん手作りのバンダナで、ビシッと決めたゴールデン君、
今晩、お見合いのお話しが一つ舞い込んでみたようです…いいお話しだといいんだけどなぁ…

おうち探しのゴールデン君をご家族に迎えてくださる方募集中です。

20150208234907637.jpg

そしてもうイッチョ~のお願い~

「ともだち100匹できるかな」のさとごろうさんからのお願いです。

飼い主さんが亡くなられたため、 緊急に新しい家族を探しているワンコさんがいます。
ぜひ、ご覧になってください。


15日の譲渡会では、たくさんの方がお見えになり、新しいお家に出会えた子たちもいたそうです…うれしいね~

 次回の譲渡会は3月1日だそうですよ~


にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 



 
 12日の安倍首相の施政方針演説…

 あの芝居じみた演説を見ていて、あの自信はどこから来るんだろう…と滑稽にすらなりました。

 昨年暮れの選挙結果は、本当に現与党政権を支持したものだったのか?

 気になって、昨年末の選挙についてちょっと調べてみました…


 小選挙区の得票率、議席数、議席率

  与党  得票率  49.54%      議席数  232議席     議席率  78.64%
  
  野党  得票率  50.46%      議席数  63議席      議席率  21.36%


 小選挙区の場合、得票率は、過半数割れ…なのに、議席数は8割近くを占めています。

 得票率が5割を切っているのに、議席率は約8割にも達しています。

 小選挙区制は一人一句。だから次点と1票差でも一人しか当選できないわけで…

 つまり議席に結びつかない「死票」がゴッチャリとあるってこと。

 結局、世論を反映したとはとても言い難い選挙結果となってしまいました。

 果たして、この選挙制度がもっともよい方法であるのかも考えなくてはいけないと思います。

 1票の格差も、各地裁レベルでは「違憲状態」と判断されている現状、
けれど、その選挙結果は有効であるというのも理解しがたい話です。

 こんな問題があるにもかかわらず、選挙結果を勝利だと言い張り傲慢な姿勢を取りつづける政府。

 与党を支持しない5割の国民の声を聞くことが、政権与党がやらなくてはならないことなのだと思います。

 少なくとも、それが民主主義なのです。

沖縄の米軍の辺野古への移設については、
沖縄の声を聞くといいながらもいまだに沖縄県知事と会おうともしない。
それどころか、政府に反対の立場をとる沖縄に対し、
これまでの金のバラマキから一転して、「沖縄振興費」の削減で、圧力をかけようとする政府…
これについては全く逆の見方のあるみたいだけど…私は民意を蔑ろにするものだと感じています。


 民意に耳を傾けず、国民的議論を…というわりに、
これまでのところ、議論の余地を与えないまま、思うがままに、数の力で重要法案を可決してきた政府。
国民のための政治…とはかけ離れた政治へと突き進んでいるように感じています。
 これでは「何をすべきか、何が求められているか」ではなく
「与党ががやりたいことを、やりたい放題」にやっているだけです。
 

 少なくとも得票率を見る限り、与野党拮抗した状況であり、
与党に賛同していない人がこれだけいるのだという事実を謙虚に受け止めるべきです。


 しかし一方で、国民の政治に対する無関心も大いに問題だと思います。

 52.66%という、戦後最低の投票率…
これでは国民自体が政治に関わることを放棄していると思われても仕方ないのかもしれません。
政治的無関心が広がる中で、政治は国民の手を離れ政治家のものになってしまっては「あの時代」に逆戻りです。
 国民が政治に対して「何とかなるんじゃないか~」、「ま、しょうがないよね」、
「戦争にはならないだろうし~戦争になりそうになったらみんなも声を上げるはずだよ~」
 
 戦争になるかならないかは、国民自身がどのような社会、国家を作ろうとするのかにかかっているのです。
 国民が、自分の代弁者として、だれを国会に送るのかを私たち自身が決めているのですからね。

 
 戦後70年、曲がりなりにも日本は戦争を起こしはしませんでした。
それは憲法の9条があったからであり、軍事協力ではない非軍事による人道的支援活動という立場で
 国際的にも活躍してきたことを世界も認めているはずです。

 その姿勢を変えれば、これまでと物の見え方も変わってしまうはずです。

 戦争が起きそうになった時には、おそらくもう手遅れです。

 だから、憲法の改正には慎重の上にも慎重を期していかなくてならないと思っています。
 自民党の「憲法改正草案」を読んだことがありますか?
 あれを読めば、日本をどのような国にしていこうとしているのかがよくわかります。

 少なくとも、私はこれに反対です。皆さんはいかがですか?

 一人ひとり、意見を語り合うには1年、2年という時間では到底足りないでしょう。

 今、国内外問わず、様々な内戦、戦争環境問題、経済格差…などの問題が起きています。

 様々な人がいて、一人ひとり大切にしたい価値観、理想があるはすです。

 それぞれに思うこと、考えいていることを真摯に語り合い、認めつつ
   なにを大切にするべきかを考える時が来ているのだと思います。

 無関心は罪なのかもしれない…と思う今日この頃… 

 

…ちなみに、
 比例代表区の得票率、議席数、議席率
 
  与党  得票率  46.82%      議席数  94議席      議席率  52.22% 
  
  野党  得票率  53.18%      議席数  84議席      議席率  48.78%

 得票率に応じて、議席が配分される比例代表だと、得票率と議席数は小選挙区と比べてこれほどに違いが表れます。

 小選挙区での「死票」がいかに多いのかがわかりますね。




 


 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamehanataroudiary.blog.fc2.com/tb.php/702-51e1f027