今日のお天気は晴れたり曇ったり…

 まだまだ風は冷たいけれど、日差しは春の気配を感じます。

徹夜明けで、ちょっとネムネムだったけど、今日もハータンとベランダ公園で朝ご飯~

SBSH2529_2015021323003226e.jpg

「今日も安物のご飯だけど、おなかが空いてれば何でもおいしいのよね~」


DSCF7402_convert_20150214224503.jpg

「ザ~リザ~リ~レディはきれいにしてないとね~」


 今日はとっても甘いものが食べたくてね、ちょっと買い込んできました。

SBSH2555.jpg

 左から 桜餅、うぐいす餅、道明寺~これ、我が家の一人前のおやつですからね~

いつもはこれに、見境もなくみたらし団子、きな粉もちなんかも買っちゃうんだけど…今日は理性的な私でした

 桜の葉っぱはひんむかないのが私流なんだけど、
道明寺さんは、ひんむこうとすると皮がはがれちゃうので困ります。

SBSH2558.jpg

午後は風が出て冷えてきたので、お部屋でちょっとのんびりおやつです。

ここの和菓子は安くておいしいのよ~小さな和菓子屋さんなんだけど、いつも人が並んでたりします。


SBSH2554_20150221223042da0.jpg

「あ、こっそりなんか食べるつもりかな…、ハータンも欲しい~」

ハータンはスイーツ大好きだもんね~生クリームに、あんこがお気に入りなの



SBSH2559.jpg

「あ、ハータンの好きな、あんこだ~」


このあと、親指の頭ほどのあんこをペロッと食べたハータン

あとはゆっくりお昼寝~

SBSH2519.jpg

なんだか久しぶりに、猫らしい姿でネンネのハータンでした。

2月22日…ニャンニャンニャン~明日は近所のスーパーでニャンコのご飯の特売日~

    腕まくりして、買い込んでこなくては…


今日は「続きに読む」書きました…本当に書きました…

 ところで、てんてんさんの頑張る「はちねこ!」~(詳細はこちらで~)
はちねこ!にお世話になっている8歳のゴールデン君飼育放棄で、何のお世話もされていなかった子ですが、

てんてんさんたちのおかげで、スッキリさっぱり、ピッカピカのイケメンゴールデン君になりましたよ。

可哀想になるくらい、性格もいい子で人間大好き君みたいです。

去勢手術も済ませたようですよ。
ドンタコス下僕さん手作りのバンダナで、ビシッと決めたゴールデン君、

昨日のお見合い、直前にキャンセルになっちゃったそうです…
でも、それはゴールデン君にはもっと先にいいご縁があるからだと思います。

おうち探しのゴールデン君をご家族に迎えてくださる方募集中です。

20150208234907637.jpg

 「はちねこ!」さんでは、はちねこグッズとして、再度新たにクリアファイルを作成するようですよ~
 可愛いうちの子、ぜひ載せて~って方も多いのでは?…お写真募集しているみたいですよ~
 てんてんさんのブログから、募集要項をご覧くださいね~


そしてもうイッチョ~のお願い~

「ともだち100匹できるかな」のさとごろうさんからのお願いです。

飼い主さんが亡くなられたため、 緊急に新しい家族を探しているワンコさんがいます。
ぜひ、ご覧になってください。


15日の譲渡会では、たくさんの方がお見えになり、新しいお家に出会えた子たちもいたそうです…うれしいね~

 次回の譲渡会は3月1日だそうですよ~

 たくさんの方に足をお運びいただけますように~



にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 


 安倍さん、大変お元気らしく、国会で首相自らヤジを飛ばして気炎を吐いているらしい…

そんな話に紛れて他国の軍へのODAを非軍事分野に限って認めるだの、「周辺事態法」の「周辺」を取っ払うだの…

なんだか一方的に言いたい放題を言い始めているけれど…何が、どうなるのかいよいよわからないことばかり。

これは安倍さんに言わせれば「戦後最大の改革」なんだそうだ。

 戦後最大の改革といえば聞こえはいいけれど、
国民がぼんやりしているのをいいことにガンガンと言いたい放題を続ける政府の動きに、
国民は何がどう変わるのか十分に把握もできないうちに、国会は圧倒的議席を持つ与党に押し切られて思うがまま。
そして、国民は「???」のまま、「なんだかんだ言っても、今日明日何かが変わるわけではなかろう…」と、
安穏とやり過ごしてしまうことを政府は狙っているんだろう。

 邦人人質事件以降、人命を軽視し国家優先の動きは、
政府の開き直りとも思える勢いで進められてきているように感じる。
結局国会でも、なんの質問にも答える様子もなかったしね。

 先日も、示したけれど昨年暮れの選挙結果は、選挙制度の大いなる問題点も見えたはず。
その結果を錦の御旗として、「戦後最大の改革」という暴挙を数の力ですべてを押し切る現状に
恐ろしい独裁政治を見るようだ。

 でも、ここで一番の問題は、もちろん政府の動きが極めて国民を無視し、歴史を振り返らない姿勢であるわけだけど、
こんな勝手なことを許すほどに、勝たせてしまった国民の責任が一番大きいということを自覚しなくてはいけないと思う。

 毎度書いているけれど、様々な人がそれぞれの思想や理想を持っている。
それを選挙で表明することが国政を預けている国民の義務であるにもかかわらず、それを放棄しているのが現状。
これでは政府が国民を軽んじても「どうせ、何もできやしないさ、なんとかなるさ~」と国民の声に耳を貸すはずもなし。
当然、十分に議論する環境を与える必要性を感じないだろう。

 周辺事態法の変更、ODAの理念が変わることは日本がいよいよテロの危険性が高まるということ。
これまで日本の平和主義が一定程度国際平和にも貢献し、日本をテロから守ってきたと思っているが、
安倍政権の言動は「飛んで火にいる夏の虫」のごとく、テロを呼び込むことになったのだと感じられてならない。

 選挙権も18歳に引き下げといわれているけれど、18歳といえば高校生。
受験のための授業しかやっていないような高校生に、どこまで政治の現状を教えることができるんだろう。
学校教育で、「政治」について語ろうとすれば「偏向教育」と非難され、自治体によって処分すら受けかねない現状もある。
選挙権はあるけれど、十分に政治を理解しないまま投票所に行っても大切な一票を有効に活用することは難しい。

 とにもかくにも、すべての柱は「憲法の改正問題」。
自民党の憲法改正草案、これ、なかなか恐ろしい内容だ。憲法とは何かということを今一度考えて、
法治国家としてこれでいいのかを、国民がしっかりと見極める時間を確保しなくてはいけないだろう。

 そして、そのうえで「戦後最大の改革」と張り切る内容を考えることが保障されなければ、
国民は完全に蔑ろにされていくことは間違いないと思う。
憲法も原発も賛成でも、反対でもいい、とにかく議論すること、
また、その十分な時間をかけることが戦後70年を迎える日本が今やらなくてはならないことだと思うのだが、どうだろう。

 無関心は犯罪ですらある…と、ことここに至っては思うのだけれどね。

 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamehanataroudiary.blog.fc2.com/tb.php/708-25eb69e7