このところ、うれしいお話しが立て続けに入って来たことは、ブログでもご紹介させていただきました。

 18さいのみーちゃん、新しいお家でおくつろぎの日々を送っているようです。

d91a0204cdddb14262174ee7079ebab8.jpg d4103192d6d90903cbfa51d6262c75ce.jpg

「あら、あたしのおうちにようこそ~ここ、とっても居心地のいいお家です~」

18歳の高齢ニャンコのみーちゃんを暖かく迎えていただき、みーちゃんも安住の地を得ることができました。


20150131225012741_201502091428022f3.jpg

「優しい人たちが、お迎えに来てくれたんだよ~」


ひと月前までは誰にも相手にしてもらえず、
  泥んこで身も心も寒かった日々をひとりで耐えていた8歳のゴールデン君も

201502242329529eb.jpg

「みんながね、このバンダナがカッコいいって言ってくれるたです~
             みんながうちにおいでって言ってくれてうれしかったな~」


ピッカピカのハンサムボーイに大変身して「ルイス君」として、
   新しい家族に迎えられてわびしさとは無縁の温かいワン生を歩むことになって…

私ごときには何もできることはないけれど、
こんなご時世に、あったかな心に私まで触れることができた気がしてうれしかったです。
人間って、いい生き物なんだな…なんて、改めて感じてみたりしてね


DSCF7438_convert_20150228221128_201503022310033de.jpg

「ハータンもお母さんいなくて、一人ぼっちでおうちもなかったからさ~
                 新しいおうちができたって聞くと、うれしいんだ~」



 でも、一方で理解できないような犯罪が近年起きているのも事実です。
もちろん小さな命たちもたくさん犠牲になってるし、確実に人間界は崩壊に向かっているような気がするのです。

川崎の13歳の少年刺殺事件の残虐性に、世間は驚き恐怖を感じていますが、
       もしかしたら、程度の差こそあれ同じようなことが至る所で起きているのではないか…


 私は、そんな気がしてなりません。

DSCF5164_convert_20121226195438_20150302230512e6c.jpg



 人と人がちゃんと向き合って、相手の心を慮ることができなくなっているのかもしれません。

 便利で快適な暮らしで満たされた私たちは、その便利さに支えられ、
周囲の人に気を配ることなどもう忘れてしまったのかな。
 人は互いに支え合って生きてきたはずなのにね。

 電車に乗っているといろんな光景を目にすることがあります。
ラッシュ時の混雑は、人間らしい心を押し殺してじっと耐えている人々の群れです。
 そんな環境が人間の持つ優しさや、思いやりを捨てさせているような気がしてなりません。

 昔、電車の改札には改札係の駅員さんがいて、切符にハサミを入れてくれました。
リズミカルにカチャカチャカチャ~といい音を立てて、ハサミを鳴らしている改札係さんがいて、
 早朝の駅では改札係の駅員さんが「おはようございます」と声をかけてくれて、
顔なじみになると「今日も頑張ってね~」「今日は寒いね~」なんて会話もあったものでした。

IMG_3939_convert_20120507204829_201503022258243d8.jpg


 それが自動改札になり、みんな無言で改札を通り抜けていきます。
そして、機械にストップをかけられてオタオタしながら、駅員を探すのですがどこにいるのやら… 
 機械制御された社会の中で、人間は翻弄されているように感じます。


DSCF5190_convert_20121216205823_20150302230512e6c.jpg


人間関係も疎遠になってきているのでしょう。

 今やマンションでも新興住宅街でも、引っ越しそば…などという文化も消えてるのだろうな。
引っ越しそば…向こう三軒両隣に「おそばに越してきました~よろしくね!」のご挨拶代りにおそばを配った江戸文化。
 私の周囲では、知らないうちに引っ越され、気が付いたら新しい人が越してきていた…なんてことばかり。

 傾げ傘とは傘傾げなんてことばもあります。
雨の降る日、すれ違う時に雨粒が相手にかからぬように互いに傘を傾けて配慮することです。
 ちょっとした配慮でお互いに心地よくいたいという思いがこういった行動になったのでしょう。
でもね、これってこちらだけがやっても意味がありません。
 お互いに傘をかしげた時、初めて意味ある行動になるのですが、
そんなことしてくれる人、少なくなった気がします。

DSCF5744_convert_20130310183340_20150302225824f24.jpg


 SNSの発達も社会を大きく変えたものの一つだと思います。
ブログも含め社会を広げ、情報拡散も迅速に広範囲に行えるようになった一面、
 子供たちの社会が見えにくくなっているといわれています。

 そんなことが、今回の事件を含め多発している少年犯罪に影響を与えているとはないのでしょうか。
  
 一人ひとりは優しい心を持っていても、
それを忘れさせてしまうなにかが今の社会にはあるのかもしれません。 
 安倍君は選挙対策に「アベノミクス」ばかりを訴えているけれど、私には全然実感の欠片もないし…

 そんなことより、人を育てることが大事な気がします。
一人ひとりの個性を大切にし、多様な価値観を認める心を養える教育こそ、
 今一番求められていることのように感じています。

 何度も書いてきたことだけど…
小さな命が大切にされてこそ、私たち人間も大切にされる社会になるはず…

 今回の18歳のみーちゃん、8歳のゴールデン君が幸せになれたんだもの、
まだまだ、日本は捨てたもんじゃない…と思いたいんだけどね…
 でも、あの「リーダー」たちじゃ…ダメだろうな~
  
DSCF5131_convert_20121208123100_20150302225824098.jpg

「ハータンたちの仲間もみんなが幸せになる社会って、来るのかな…」 

地位も名誉も…おまけにお金もないけど、心意気だけは失わずにいたいと思うよ。

       任せておくれよ、大丈夫、頑張るよ…

 


にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 











スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamehanataroudiary.blog.fc2.com/tb.php/714-741459ee