夜になると元気が出るおばさんたち…皆さんおうちのお猫様に「休暇届」を出して結集しました。

もちろんメンバーはいつもの…3人ですけど~ (おばんさんしーなさん

 今回も飛び切り楽しいひとときを、飛び切りのごちそうで楽しんできましたよ~

今回は四十八漁場 池袋北口店

DSCF7590_convert_20150320131811.jpg

カンパ~イがなぜかそろわず~
     食べ急ぎ、さっさと手を引いた方がいたんですけどね…私じゃないですよ…

とにかく食べた食べた~ ここにご紹介するのは一部ですよ~
   詳細は、しーなさん…食べログさ~ん、よろしくね


DSCF7589_convert_20150320131944.jpg

ピッチピチのお魚が、桶に乗ってやってきました~このお魚を調理してくれるんですよ。

DSCF7603_convert_20150320134140.jpg

で、ドンコの煮つけを注文~これがまたおいしいのなんのってさ~

DSCF7602_convert_20150320133553.jpg

新鮮だから、お刺身も一味違いますよ~何種類食べたんだっけ…  
たくさん食べたよ~大きなホタテもあっという間にお腹に消えちゃったね~


DSCF7599_convert_20150320132844.jpg

やっぱり、こんなに肴がそろえば…こっちよね~

   日本酒も結構いろいろとそろってたな~サワー系もちょびっと飲みましたよ~

DSCF7605_convert_20150320133746.jpg

もちろんカキも、てんこ盛り~蒸しガキですけどね

DSCF7606_convert_20150320133939.jpg

 大粒のカキが、プッリ~ン

 ここで焼きそばを食べて、おにぎりもつまんで満腹満腹~


のはずだったんだけど…私たちの場合、たいてい最後には〆があります。

それもかなりしっかりとした…〆 お寿司屋やお蕎麦が多いんだけど…

今回は、病み上がりのおばんさんのリクエストで、こちらに決定~


DSCF7611_convert_20150320134358.jpg

餃子…もちろんビール付きですよ。

  そしてさらに…

DSCF7614_convert_20150320134529.jpg

 ラーメン…大丈夫か…私たち…

みそラーメン、野菜タンメン、しょうゆラーメン…

おしゃべりしながら、気が付くとこんなに食べてたのよね…

このペースに入って来る勇気ある猛者、大募集~


さすがにポンポコリンでお家に帰りましたよ。


…あ、ただいま戻りました…

DSCF7567_convert_20150320135459.jpg

「あ~ら、帰ってきたのね~ごゆっくりだったこと~


この仏頂面のハータンが、実はこのあとカワイイ~お顔になるんだよね…

その理由は…次回にね~

 体調を崩していたおばんさん、食欲は戻ってきたみたいだけど、
     もうちょっと大事を取って、無理しないでね~

「続きを読む」にちょっと書きました。


にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 




 今から20年前の1995年…この年はいろいろなことがあった年で、阪神淡路大震災もこの年でした。

そして、今日3月20日は「地下鉄サリン事件」が起きました。

今、オウム裁判が行われていますが、罪を問い刑罰を与えても、この事件が終わったとは言えないと感じます。
「オウム真理教」が起こした事件は、とても尋常とは思えないものです。
あの「オウム真理教」を生み出してしまった背景を、解明していかなくてはいけないと思っています。

加害者である「オウム真理教」のメンバーが、どのようにここに引き込まれていったのか?
もしかしたら、加害者もまた、被害者だったかもしれない…と思うことがあります。


 先日もまた、チュニジュアでテロが起きました。
チュニジュアという国について、詳細な知識はありませんが…
あのテロで亡くなった邦人の方のおひとりは、私の知人でもありました。
人を傷つけることもなく、一生懸命に生きていた人です。
そんな彼女がなぜこんな目に遭わなくてはならなかったのか、怒りを禁じ得ません。

 何の罪もない人を殺し、何かを変えようとする…そんな手段を私は許せないけれど、
その対抗策で、また人を殺すことを前提とした手段を取ることも、私は認められないと思っています。

 テロとの戦いを続けると豪語する現政権…
軍隊を動かし、テロ組織を暴力で壊滅させても、きっとまたそれに対するテロ組織が生まれ出るのだと思います。
テロ活動に対する怒りはあります。絶対に許されるものではありません。
けれど、彼らがなぜテロを起こすのかも私たちは知っていなくてはいけないのでしょう。



 チュニジュアで亡くなられた方々のご冥福を、心方お祈りするとともに、
平和について考えていくことを忘れてはならないことを、自らに自戒を込めて記しておきたいと思います。





 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamehanataroudiary.blog.fc2.com/tb.php/732-5c563a89