ハータンもまぁるくなったのかしらね~「NO」って言ってたのに、
   ちょこんとクールマットに乗っかっちゃってね~照れ隠しで、ツンツンしてましたけどね


今日のハータンは、ちょっとビックリしてます。

IMG_0197_201508191459074e4.jpg
 今日は、ちょっと頂き物のお礼とご紹介です

「わ~大きな箱が来た~


今日は、頂き物のお礼と、みなさんに見せびらかし~


こちらは、「叫んで、みたいのおぉぉぉ!」のキッツさんからの頂き物~
IMG_0668.jpg

「四味彩々」はね、サツマイモ、ジャガイモ、コンブ、麦の焼酎のセットでね、まだ飲んでませんが、ちょっと楽しみ~

塩辛のひもの…かしら、ホタテの貝柱も~おつまみもたんまりあるし…ウヒヒヒヒ~

割りしみチョコせんべいは南部せんべいに、チョコがしみ込んでるってわけです。おいしそうでしょ

うん、おいしいんです~

キッツさんは、年に数回お墓参りを兼ねて、遠くまでご旅行に行かれます。

その旅の道程がわかるお土産をくださるんですよ。それが、旅行に行かれなくなった私にはとっても楽しみです。

キッツさんのお家には、カワイコちゃんのみうちゃん、たんちゃん、新人るんちゃんの3ニャンのお家でもあります。

るんちゃんは、「はちねこ!」さんから迎えていただいたチビッ子ですよ。かわいいんだから~

キッツさん、一緒に旅行に行かれた気分ですよ~どうもありがとうございました~



コチラは、いつもコメントをくださる「ともだち100人できるかな」のさとごろうさんからの贈り物

IMG_0670_convert_20150819231946.jpg

 たくさんの頂き物で、この子をとり忘れちゃて~

IMG_0709.jpg

お手紙までいただいちゃいました。

IMG_0672.jpg

で、なにより注目はコレ↓

IMG_0679.jpg

このDVDにさとごろうさん一家のワンニャンたちが登場しているのだそうで、わざわざ送ってくださったんですよ。

さとごろうさんのお家はね、3ワン3ニャンのにぎやかなお宅です。みんな可愛いのよ~

ニャンコはニャンコらしくわがままさんで、ワンコはワンコらしくニャンコのいじられっぱなしみたいですよ~

IMG_0683.jpg

IMG_0692.jpg

ワンニャンが同居って、経験がある方はお分かりでしょうが、絶対にニャンコの天下になるのですよ。
ワンコもニャンコも仲良しなんだけど、ツンデレニャンコはワンコを手玉にとってマイペース~
ニャンコに虐げられつつ、闘いの日々~で、結構愉快な光景なんですよね~

 我が家もわけのわからんワンコが7頭もいたから、ちょっとさとごろうさんのお宅の様子が懐かしかったです~

IMG_0702.jpg

 お行儀よくおやつを待っているワンコの脇から、横取りかな~あんずちゃん↑ あれれ、ぽんずちゃんも↓~

IMG_0688.jpg


IMG_0708.jpg

ニャンコはマイペースでトンネルで大はしゃぎですね~ハマっちゃったの だいずちゃん


IMG_0698.jpg

チョイとごめんなさいよ~のあんずちゃん…↑
      あ~ワンコのこと、やっぱりバカにしてる~またがなくたっていいのに~とイジケ虫のモモちゃん↓


IMG_0700.jpg


でも大丈夫、モモちゃん、お母さんに甘えん坊して抱っこしてもらえたのよね~
うれしそうなお顔になっちゃって~ワンコは正直よね~よかったね~モモちゃん

IMG_0693.jpg

IMG_0694.jpg

さとごろうさん、美味しいものたくさん、可愛いDVD~
存分に楽しませていただきましたよ~ありがとうございました




そして今日も、この一枚~ 

2015071800585866e_2015072422402039b.jpg

 ちょっと気になることがあります。

 文科省は少子化対策として妊娠のしやすさと年齢の関係や、不妊に関する内容を初めて盛り込んだ副教材を作成し全国の高校に配布するそうです。 (記事はこちら)少子化は確かに社会、経済に大きな影響を与えるものではありますが、子供をいつ産むのか、何人産むのかは女性自身がライフサイクルに合わせて決定するべきこと…まさに自己決定権であるはずです。

 それを政府が介入するとなれば、私のような者はやはり「あの時代」の繰り返しでは…と感じてしまいます。

 明治維新を迎え、国際競争に対抗するため「富国強兵」「殖産興業」をスローガンに工業の発展を目指した日本は、安価な原材料と労働力を得るために、近隣諸国への植民地化を進めます。それが日清戦争、日露戦争です。
 そして国内でも教育の徹底、産めよ増やせよの政策が進められます。

 男性は一家の長としての権限を与えられ、体を鍛え兵士となってお国のために、女性は夫に従う「良妻賢母」となるために、学問より子供をたくさん産むことが重要視された時代で、男尊女卑ということばも当たり前のように口にされていた時代です。
 つまり女性は「子供を産む道具」であったと言ってもいい存在でした。
 
 女性の生き方と同時に、男性も生き方を国家によって縛られていたこの時代、「男子厨房に入らず」だの「女性の幸せは結婚して子供を産むこと」とまことしやかに言われ、戦後の民主主義社会となっても、それは依然として残されていました。
 それがつい最近の1994年まで「家庭科」が小中高で、男女共修とならなかった背景でもあると思っています。

 平等とは、一人ひとりすべての存在が、特別な存在であるということを尊重できる社会だと思っています。
なぜ少子化社会になったのかを考えなくては、その対策は立てられません。
 今回のように高校生に「産むべき時」を教えて、少子化対策としようという発想自体があまりに情けない発想だと思います。

 子供が生まれなくなったのはなぜなのか、女性が握る自己決定権を教育の力で捻じ曲げようとするなら、少子化はいつまで経っても改善はしないでしょう。この政策が進められると子供を産まない、または産めない女性は昔の日本のように差別の対象になりかねません。「石女(うまずめ)」ということばをご存知ですか。現代社会では人権意識が多少高まり、「差別用語」のようにことば狩りが行われることで使われることもなくなった言葉だろうと思いますが、子供が産めない女性に対する蔑称として使われた言葉です。
 この副教材にどれほどの予算が組まれているのかわかりませんが、そのお金で保育園も作った方がよほど有効だろうと思います。また、子供の貧困が言われている今、進学したくてもできない子たちへの奨学金とすれば多くの人材を育てることもできるはずです。

 男性も、女性も、男性寄りの女性も女性寄りの男性も、みんな一人の人間です。

 子供を産みたくなる社会を作ることが重要なのであって、子供を産ませる政策は個人を軽んじることがあると思っています。
ことにこのような時代であれば、「子供を産む性」と言われる女性が国家に支配されると、子供を産み育て、その子供は国家にか  すめ取られる…そんな時代もあったのだということを意識しておかなくてはならないと感じます。

 そして、あの安倍君、国会でヤジを飛ばしたみたいですよ。

 今回も、女性議員に対してのヤジでした…あの方の女性観はいったいどんなものなんだろうな。
総理大臣という地位にありながら、レベルの低すぎる騒動を何度も起こす安倍君…品位をもって国会を運営していただきたい。

 お友達は大切にして、問題行動があっても処罰もしないけれど、異論を唱えるものには野次を飛ばし、聞く耳ものたない姿勢を改めない限り、いくら時間をかけても「国民に分かりやすい説明」も「国会での議論」も成立しないだろうと思います。

 今、政府の動きは少し視点をずらしてみると、すべてが「あの時代」に重なりそうな動きをとっていますよ。

 
 
さてさて、はちねこ!情報ですが


まずはうれしいニュースから~

キジ白のソルト君、赤トラ白のジャノメ君、FIV陰転~よかったね。
FIVだって、問題ないんだけどやっぱりおうち探しが難航することが多いのが現実みたいですからね。
可愛い子たちでしょ~よろしくお願いします。

201508151020407bd.jpg
2015081510312259a.jpg



新入りはちねこ!カフェ入園予定のカワイコちゃんたち~美人母も一緒だよ~

201507310206317e3.jpg
201507310208461f2.jpg


はちねこ!さんでは、相変わらずカワイコちゃんがおうち探し~今、緊急事態でワンコも仲間入りしててんてこ舞いです。

20150720041953e9d.jpg
201507221130226b5.jpg

20150718082636037.jpg
 イタグレの坊や

20150718081749909.jpg
 12歳の柴犬のおっちゃん…ハータンと同じ年だわ~

まだまだおうち探しをしている子たちがいますよ~詳細はてんてんさんのブログ→はちねこ!カフェをご覧くださいね。


にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamehanataroudiary.blog.fc2.com/tb.php/866-6a97ec64