ハータン、今日もお留守番をがんばってくれたので、ご褒美の「タカイタカ~イ」

IMG_0815_20150919004709161.jpg

「こんなお顔だけど、ハータンうれしいんだからね~」

ハータンはいつもこんなお顔だからね~


いよいよ秋のシルバーウィークが始まるね~

DSCF7619_convert_20150321224324_20150919005644063.jpg


「一緒に遊べる


もちろん、遊べるよ~いっぱいお留守番をがんばってくれたもんね、たくさん遊んじゃおうね~


そして今日も、この一枚~ 

2015071800585866e_2015072422402039b.jpg

 今日も横浜のお仕事でした。
そして、今日も国会前に行ってきました。だって、民主主義すら守れない政治の実態が許せなくてさ~悔しくってさ~

DSCF8482_convert_20150919002129.jpg


 同じ思いの方が、たくさんたくさん…よかった…同じ思いの方がたくさんいるんだって思ったら救われました。

DSCF8507_convert_20150919002859.jpg

DSCF8510_convert_20150919003356.jpg

DSCF8483_convert_20150919002324.jpg

 2015年9月19日 午前2時19分 安保法案衆参両院で可決…日本の立憲主義、民主主義、平和主義は失われました。


 この間の国会は、民主主義を冒とくし、平和主義をかなぐり捨てて、憲法違反を犯した異常な国会であったと思います。
いつでもどこでも戦争に参加できる法律を、国民が不安に思い反対するにもかかわらず、
 何を質問してもまともに答えず、総理自身がヤジまで飛ばす国会。
答えないのではなく、答えられなかったのだと私は思っています。

 自民党、公明党、最後には元気だ次世代だ新党改革までが賛成に回りましたが、
これら各党の議員たちはどこまでこの法案を理解して賛成したのでしょうか。
 安倍君自身が答弁に右往左往し、中谷君に至っては幼稚園児のようにヨチヨチ歩きで
黒子の官僚に支えられながら、やっと答弁するも、その答弁は二転三転…自身がご理解されていないことは明白でした。
 総理、担当大臣すら、わかっていないのですから、その他の議員たちの実態も推して知るべしでしょう。

 それでも、賛成するのは総裁選再任で長期政権になりそうな安倍君にすり寄る議員らの保身でしょうが、
結果的に、数の力で牙をむき出しにして強行採決をしました。与党のやり口は断じて許せません。
 追随した「腰ぎんちゃく」は、もう公僕としての自覚すらないのではないかと思います。


 昨日、元自衛隊幕僚長という人物の発言に背筋がゾッとしましたよ。
「防衛問題については、世論など関係ない。」のだそうですよ。
 じゃ、だれがどこでコントロールするというのでしょうね。
シビリアンコントロールも風前の灯火ではないですか。

 これは日本の社会が「法の支配」ではなく、「人の支配」となる可能性を感じます。
法はすべての人の上にあり、平等に支配をしますが、人の支配は恣意的な政治支配となります。
 今回の法案は憲法違反であると、多くの憲法学者が発言しましたが、
それは一部の意見だとし議論することさえしませんでした。
 そしてあいまいな法案でありながら採決に持ち込む…
これは、あえてあいまいなままにしておき、のちにいかようにも解釈できるようにしておこうという算段でしょう。

人が判断するということは、こういったご都合主義を生み出すことになるのです。

 ホルムズ海峡の問題があるから…と言っていた安倍君、最後には「ホルムズ海峡は考えていない」と言いました。
じゃ、今回これだけもめている法案は、なんのために必要であるのかまったく理由が見えなくなったではありませんか。
 野党をはじめ多くの国民の疑問に答えることもできない法律を作って、戦争ができる国にしたかっただけです。
「集団的自衛権」を持つ国になりたいだけです。安倍君の理想国家をゴリ押ししただけです。
 そして世界に誇る「平和憲法」を放棄し、9条を踏み潰しました。 

 これが安倍君の言う「美しい国」なのかと思うと、あまりに情けない。
1931年9月18日、15年戦争の発端となった「柳条湖事件」が起きた日です。
 中国への侵略を進める関東軍によって、引き起こされた中国への挑発行為です。

 この日から、日本は戦争に突き進みました。
その歴史を、私たちは「二度と繰り返さない」と誓って日本国憲法を制定してきたにもかかわらず、
 それを数か月の欺瞞的国会によって、ぶち壊されたことを忘れてはいけないと思っています。

 この法案が成立したからと言って、明日何かが大きく変わるわけではありません。
だから政府も「そのうち理解は進む」などと、国民をなめたことを平気で口にするのでしょうが、
 少しずつ小さな変化が私たちの生活にも表れてくるはずです。

 この少しずつ…というのが、恐ろしいのです。
あのアドルフ・ヒトラーが率いたナチスも、いきなりユダヤ人虐殺をしたわけではありません。
 数年かけて、経済活動を制限し国民にユダヤ人への偏見を植え付けたのちに大量虐殺を始めたのですよ。
だから、国民がウカウカしていては選挙権はあっても、戦前のような「大政翼賛選挙」のようになってしまうかもしれません。


 また、一方でいかにも「国民のため」という政策を出してくるかもしれません。
例えば消費税10%の税率に、ストップをかけてくる…
 そんな甘言を出して、国民の怒りをかき消そうとしてくるかもしれません。
 
 けれど、消費税の問題と今回の問題はまったく質が異なります。
安保法制は今後の日本のあり方、人の命がかかわります。
 こういった政府の詐欺的傲慢なやり口には絶対に騙されてはならない。

 昨日も書いたけれど賛成、反対の問題ではありません。
200時間を超える討議時間、十分なものだったと与党は言いますが、時間の長さではありません。
 より多くの国民の理解を求める努力をしてこなかったこと、
その誠意も感じられない空虚な200時間は、なんの役にも立っていなかったと思います。
 これぞ、アリバイ的国会でしかなかったと思います。

 私自身は、11本の法案審議に200時間が十分だったとは到底思えません。
ほかの方もおっしゃっていましたが、国民投票をすべきだったと思います。
 アベノミクスなんぞで、多額の税金を投入して選挙を行うのなら、
今回の問題こそ、国民投票をするべき問題だったと思います。

 負けることがわかりきっていたから、できなかったのでしょうが…
国民の政治的無関心が、今回の怖ろしい事態を招いたとも言えます。
 この点については、大いに反省すべき点があったことを忘れてはいけないと思います。
 
 そして、このあいまいな法律が、どのように運用されて行くのかを厳しくチェックしなくてはいけません。
今後、私たちの権利が抑圧されること、大企業にしか利益のない法律を作ってくるでしょう(派遣法はその一つでしょう)
 今後は政治への関心を高め、政府によって奪われた立憲主義、民主主義、平和主義を取り戻さなくてはなりません。

 この国は、あの時代を繰り返そうとしている。二度と繰り返さないと誓っていたあの時代に。
現安倍政権は、違憲の疑いのある法律を成立させるという犯罪的な行為を侵しました。
 このことを忘れないことが、今国民に課せられていると思います。

 これからは、頼れるのは国民一人ひとりの良心だと思います。
次回の選挙で、今回の法案に賛成した議員の議員バッチを引っぺがすしかありません。
 少なくとも今の段階では、その権限は国民が持っているのですからね。
 

 ここから、立憲主義、民主主義、平和主義を取り戻す新たなスタートです。

 ごめんなさい。コメントへのお返事は明日以降させていただきますので…何卒ご容赦…



ちょっとリニューアルしたはちねこ!情報ですよ~

はちねこ!さん情報、いろいろと新しい情報が入ってきましたよ~

またまたチビッ子~

20150912012523973.jpg

これから、またチビッ子の季節ですからね…チビさん用ミルク、ご飯のご協力をお願いします~

大きなけが(骨折)をしながらもはちねこ!にたどり着いた強運の新入り君も…ヒノキ君です。

201509072327307ac.jpg

これから治療をしていただいてからはちねこ!デビューらしいですよ。きっちゃないお顔の可愛い子でしょ~


新しいお家を探している子には、大人ニャンコもたくさんいますよ。抱っこのしがいのありそうなカワイコちゃんたちですよ~

20150818173928a1e.jpg
20150818173640c20.jpg


はちねこ!さんから処分対象となっているワンコさんの里親さん、預かりさんに関わる「お願い」があります。お読みいただきお力お貸しくださいな~→コチラから



まだまだおうち探しをしている子たちがいますよ~詳細はてんてんさんのブログ→はちねこ!カフェをご覧くださいね。


コメントのお返事が遅れていますが、なんとか頑張りますのでお許しを~

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamehanataroudiary.blog.fc2.com/tb.php/892-41422963