せっかくの週末も雨降りじゃね…


IMG_1449.jpg

「退屈~つまんな~い…マタタビ齧ってやる~


まぁまぁ~そういう日もあるって~と、ちょっとなだめて…



そんな土曜日、こんなものを観てきました。 ミュージカルですよ。

IMG_1472_convert_20151114232611.jpg

少女はその人形をとても大切にしていた。
 人形の名前はD-rop。
 二人はいつも一緒だった。

 いつもの1日。
 繰り返される日常。

 突然襲った全てを無に還すあの出来事。

 たったフェンス1枚で区切られた故郷。
 取り残されたD-ropと少女が大切にしていた道具たち。

 D-ropはフェンスの中から世界を見る。
 人はフェンスの向こう側に何を見るのか?

 一人の人形と一人の少女、そして、道具たちの物語。

     ジャズダンスチーム“Aim(エイム)”HPより


 お察しのいい方は、もうお分かりでしょう。
3.11、あの日から43年後…、あの時少女だった「詞子」があの場所に戻って人間のあり方を考える…
 そんなストーリでした。

 実は、この作品は2009年に「山火事」で破壊される自然環境を訴えていましたが、
2011年のあの事故をテーマに代えての作品に構成し直したようです。

 生き物は「空気」と」太陽」と「水」と「土」が必要だよ。
でも、取り返しのつかないことをした人間たち。
 人間は何を求めてきたんだい?

 より速く、より便利に…そして豊かになったけれど、失ったものがあったことをわかっているの?
 そして、人間は忘れてしまう生き物だ。忘れてはいけないことがあるんだよ。
 あの時のこと、忘れないで。今できること、それをやればいいんだ。
 未来は変えられるんだよ。

 こんな問いかけが、心に刺さりました。

 いつもと変わらない一日だったはずなのに、

 その土地は突然立ち入ることもできなくなり、死の土地になってしまった。

 そして、あの日、置き去りにされた小さな命の無残な写真を思い出して、涙が流れました。

 人間はそれを選択し、少なくとも逃げることができた。

 でも、なにも知らない小さな命たちは…生きることすらできなかった子たちが、どれほどいたことか。

 
 
 このダンスチーム、以前にも観に行き、その時にもブログでご紹介させていただきました。(↓ 前回のパンフレット)

IMG_1469.jpg
 
ガラパゴス島のロンリージョージが、環境破壊を嘆くお話でした。

これまでの上演演目を見ても、なかなかの社会派だと思います。→
お時間があれば、ご覧になって見てはいかがでしょう。

講演終了後、役者さんたちが観客席を走り回ってこんなものをくださいましたよ。

IMG_1473_convert_20151114232718.jpg

ヒマワリのタネです。

 私にできること…タネを蒔きましょう。未来につながるタネを蒔きましょう。
すべての生き物が生きられるきれいな土地を作り、タネを蒔く。
 そして花が咲き、たくさんのタネを実らせます。
そして、そのタネを蒔く…

 そのタネが、あの日のことを忘れずに語り継ぐはずです。

 すべての命、すべてのものが輝く未来を作って行こう。

 とても素敵なミュージカルでした。



ただいま~ハータン

IMG_1438.jpg

「おかえり…遅かったね~」

ゴメンゴメン~じゃ、モシャモシャ~コチョコチョ~しようっか~

IMG_1432.jpg

「じゃ、許す おねがいしま~す」

ハータンがお留守番してくれたおかげで、大切なこと、忘れてしまいそうなことを思い出させてもらったよ。



今日もこの一枚…

2015071800585866e_2015072422402039b.jpg

 このミュージカルを観ながら、あの日を思い出しました。そしていろんなことが脳裏をよぎりました。


 人類はいつも「豊かさ」と「安定」を求めてきました。
不安定な自然採集経済から逃れるために、農業を生み出した人類は、
 以降、さらなる「豊かさ」と「安定」と求め続けてきました。
それは産業革命以降、科学技術の発展で一層拍車がかかっていきます。

 医療の発達、食料生産の向上で、人口も急増し、豊かさは人類の生活を安定させたかのように思えます。
けれど、その「物質的豊かさ」は、人類の争いを生み出し、激化させ、殺人兵器の開発に熱中させました。
 本当に人類は幸福に向かっていたのでしょうか。

 科学万能の時代となり、科学は私たちの「命」すらコントロールするようになりました。
人類は、科学の進歩が不可能をすべて可能にする…そんな錯覚に陥ったのかもしれません。
 けれど、あの日私たちは思い知らされました。自然の力には勝てないことを。

 原発は「原子力の平和利用」と言われ、あたかも平和を物語るように宣伝されてきましたが、
結局はあの日、人類と原子力は共存などできるはずがないことを証明したのだと思います。
 自然が人類に教えてくれたのかもしれません。

 自然が教えてくれた教訓を、理解したはずなのに
どれほど恐ろしいかをすべての人が目の当たりにしたはずなのに
 必死になって再稼働を進めようとするなんてね。

 たった3年11か月で、再稼働した川内原発。

 地元の賛成派は原発を再稼働したいのではなく、せざるを得ないから賛成しているはず。
過疎地対策が、こんな危険を押し付けることでしか対応できないとは、
 あまりに無策であり、人権感覚がずれています。

 科学万能社会は、人間から人間性、尊厳を奪ってしまうのかもしれません。 
「豊かさ」と「安定」を否定しているのではありません。
 その方向性が間違った方向に進んでいる…そんな気がしてなりません。

 政府はいつも口を開けば「経済政策」を語ろうとするけれど、
目には見えないかもしれないけれど、
 もっともっと考えなくてはいけないこと、忘れてはいけないことがあるのではないかと疑っている私がいます。 


 私は、そんな自分を大切にしていかなくてはいけないと思っています。



はちねこ!さん情報の前に・・・、
いつもコメントくださるREIさんが保護されたニャンコの里親探しを始められました。
可愛くて人懐っこくて、お家が大好きなミケさんですよ。お名前は「ななちゃん」です。


一度ぜひ、ななちゃんに会いに行ってくださいませんか~~こちらからどうぞ~

そして、もう一件、めんまねえちゃんさんの別ブログで、怪我した猫さんの里親募集をしておられます。
交通事故で愛護センターに持ち込まれ、あと一日で「処分」というところを救われた子です。
おとなネコさんだけど、とっても可愛い子です。一度お顔を見てあげてください。お仲間にもお声かけいただければ幸いです。


さ~て…小さな命のために頑張る「はちねこ!」さんの情報ですよ~


頭に骨が見えるほどの大きなけがを負っていた三毛ちゃん、すっかりきれいになっておうち探しです。
20151107232915bc6.jpg



あ、ボクチンそっくりな、ぱっつん君 かわいね~

20151108001252cea.jpg


はちねこさん、ただいま里親さんはもちろん、保護っ子たちの預かりさんを募集中のようです。
ご協力いただける方、よろしくお願いしま~す

まだまだおうち探しをしている子たちがいますよ~詳細はてんてんさんのブログ→はちねこ!カフェをご覧くださいね。




にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村 


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamehanataroudiary.blog.fc2.com/tb.php/946-52033a08